宮内庁は19日、天皇陛下にまだ発熱などの風邪の症状があるとして同日に予定されていた、安倍晋三首相や閣僚、副大臣らを皇居・宮殿に招いて開く昼食会を取りやめられると発表した。陛下は16日に症状が出て、お住まいの皇居・御所で静養されていた。宮内庁関係者によると、快方に向かってはいるが、平熱まで下がり切っておらず侍医の判断で引き続き、御所で静かに過ごされるという。昼食会は年末の恒例行事で、冒頭で首相が招待へのお礼を述べ陛下がねぎらいの言葉を掛けられるのが通例となっている。産経ニュースより

皇后様の気管支炎は改善し12日の茶会に出席されましたが
天皇陛下、の風邪はなかなか治らないようです。

男性高齢者は女性高齢者より弱くって一旦体にガタがくると
なっかなか治らず長期化することも多いけど、まだ風邪を引いて3日目ですしね。

風邪は万病の元と言いますから、高齢者の風邪は怖いです。

と、一応心配はしているものの、心の隅っこで、困ったことに
「本当に風邪なんだろうか?」の疑心暗鬼が出てきたりして。

雅子様の仮病に近い「適応障害」
自分の出たくない公務は「体調の波」「ご負担」で逃げ切る手法

皇后美智子様も、且つて 週間文春から叩かれた時期がありまして
丁度ご自身の誕生日に「失声症」になり、以後 週刊誌で
皇后様批判はできない、真実さえ書けない、状態になった経緯がありました。

女性週刊誌の「嘘も百回書けば本当になる」ような
美智子様アゲ、雅子様アゲ記事の連続に
果たして、どれが真実でどれが嘘なのか訳分からなくなり

天皇陛下の風邪も実は、安倍総理と会食するのが嫌で
風邪が長引いているのでは??と思ったりするんですねぇ(~_~;)

スポンサーリンク

安倍総理が送り込んだ、有識者会議でのヒアリングのメンバー。
保守の方々にはこぞって「譲位反対、摂政にするべき」と言われ
天皇陛下にとってはかなり耳の痛い発言が多かったと思われます。

また有識者会議でも、恒久的な譲位は無理、一代限りの譲位
との意見が一致したようで、安倍総理は「特措法」で
天皇陛下の生前退位問題を乗り切るようです。

天皇陛下の頭の中は、ねぎらいの言葉どころか
安倍総理への嫌悪感でいっぱいじゃないのか!?
会って午餐する気持ちになれないのでは?
だから風邪が長引いていると発表し、午餐会を取りやめにしたのではないか。

このように、雅子様から始まり、皇后様、御二人の病気による「逃げ」が
天皇陛下の風邪まで本当かしら?と疑心暗鬼になってしまいました。

本当に風邪で体調が悪いとしたら、雅子様と美智子様の行いが波及し
天皇陛下も風評被害、二次被害を受けていると、そういう事になるなぁ(笑)

今週のデジタル朝日7daysは午後2時現在まだ更新されていませんが
今週も皇太子は公務スカスカ、雅子様は誕生日映像と天皇皇后に
誕生日の挨拶映像と画像で今年は終わりにするのでしょうか。

それとも、愛子様の体調が悪くて出て来られないとか、噂の小和田父親にが未だにホテルに拘束されて雅子様も頭が痛いとか?? とにかく平成の皇室は変になっている。

スポンサーリンク