12月16日

宮内庁は16日、天皇陛下は朝から発熱を伴う風邪の症状があり同日午前に予定していた行事を取りやめられたと発表した。同庁によると、陛下はインフルエンザではなく、お住まいの御所で安静にしているという。この日はボランティアの賢所勤労奉仕団との面会を予定していた。陛下は23日に83歳の誕生日を迎える退位の恒久制度化は困難=有識者会議で認識一致 毎日新聞より

その前の15日

政府は15日、天皇陛下の退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務負担軽減等に関する有識者会議」の第6回会合(7日開催)の議事概要を公表した。退位を前提に、地方訪問などの公的行為を皇太子さまに徐々に移行して皇位継承を円滑化するのが望ましいとする意見が多く出た。毎日新聞より

議事概要によると、メンバーから「退位に至るまで、お仕事を少しずつ分担していくプロセスがあった方がよい。国民の心の準備もできる」との意見や、「安定的な皇位継承のため、皇太子ご夫妻に少しずつ分担しながらご経験を深めていただくことも考えられる」などの意見が相次いだ。

ほらほらほらほら・・・

体調の波だの体調が整わないだのとウダウダと
言っている場合じゃなくなりましてよ。

天皇陛下、風邪で予定していた行事をやめられた。
その行事とは、雅子様が一度も出た事がないという
勤労奉仕団との面会でした。

次の天皇、皇后になる方ですから、有識者会議でも意見が出たように

「皇太子ご夫妻に少しずつ分担しながらご経験を深めていただく」

これです、皇太子ご夫妻と出たからには、皇太子一人だけの
問題じゃないんですよ。雅子様もグータラしていないで
勤労奉仕団との面会を果たしたらどうですか。

皇室入りして勤労奉仕団との面会ゼロ。
呆れて開いた口がふさがらないとはことのことでしょうか。

スポンサーリンク

天皇陛下も日本男子の平均寿命を超えてしまいました。
後期高齢者、インフルではなかったのは良かったです。
皇后様に引き続き、体調を崩されています。

退位の恒久制度化は困難とのことで天皇陛下の希望通りに
「生前譲位」にならない

今上天皇一代限りので特例法を制定する案の検討に入る。

これは「天皇陛下の我がままに仕方なく特例法で譲位させます」
のように受け取れたりと、がっくり落ち込んで弱ったのかもしれませんが
早々簡単に憲法を変えてまでやらなくてもよいと思います。

来週は天皇誕生日で会見がありますが
どのようなお言葉でしょうかね。

テーマが使いつらくて元に戻しました。申し訳ございませんが、またブログの動作が悪く動く、揺れる時教えてください。宜しくお願いします。

いよいよ恐怖の年金生活に入りました、節約、家族のこと、
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てくださいね。

スポンサーリンク