誕生日を迎えたことを両陛下に報告するため皇居に入られる愛子様。

%e6%84%9b%e5%ad%90%e6%a7%98%e7%9a%87%e5%b1%85%e3%81%b8 %e6%84%9b%e5%ad%90%e6%a7%98%e7%9a%87%e5%b1%85%e3%81%b82
天皇皇后両陛下は「身体の具合はどうですか」

愛子様「大丈夫です」

天皇皇后両陛下「無理せず身体に気を付けて登校してね」

想像でこのような会話をしたかしれません。

が、天皇皇后両陛下には、愛子様をこのままにしておけない
皇太子と雅子様を呼び出して何らかのアドバイスをすることすらできない。
なにか言えば、また雅子妃が機嫌を悪くして
皇太子と愛子様に八つ当たりするかもしれないと危惧している。
(以上、妄想、想像)

スポンサーリンク

昨日は朝から、ブログを書いた後から
何となく気分的に嫌な一日でした。

背筋がぞわ~っとして、午後から加筆もした。

あ・・・この・・・
背筋がぞわぞわ~~っとする感覚は前にもありました。

2016年10月19日 その前の10月9日と同じような怖さでした。

激痩せ、不登校と気の毒な愛子様(妄想が入ってます)このタイトルでした。
https://koredeii.com/?p=1469

以下少し載せます。

世の中には様々な場面で気の毒な人がいますが
愛子さまも非常に気の毒な生活を強いられている。

身内で助けてくれる人は誰もいない
助けたくても手を出せない、救い出せない状況にあり
愛子さまは自己防衛の為、別の人格を作りつつある。

今がカミングアウトするのに良い時期だが
両親は目先の地位と権力に娘の状況が目に入らず
そのまま静観、また良くなって三人で公務できるだろうと呑気に構えている。

この時期を逃したらカミングアウトができなくなる。
愛子さまは自分の作りだした世界に入って出て来なくなるかも。

オカルトっぽくなってきて、また怖いのでここで書くのをやめます。

以上のようなことを書いていました。

若い時は感受性が豊かで、やや霊感、第六感のようなものも
少しはありましたが、今は殆ど無いに等しいと思っている。

ただ、保守の皆様が大嫌いなカトリック信者である私は
たまに家でお祈りをすることもあり、奇跡のように
祈りが叶えられることもある。
信者でない旦那には「偶然と努力」と言われますが^^;

愛子様のことを書くとき、自然とタイピングが
どんどん進む時があるのです。

自分の意思で、ただ単に頭に浮かんでそれを
タイピングしているだけなのか、わからない。

そして書いた後に、背筋がぞわぞわ~っとして怖くなる。
ちょっと変ですね、今月心療内科に行って医師に話してみようかな(笑)

摂食障害か薬の副作用か、わかりませんが
あのように体調が悪くなるほど痩せたのは
愛子様自身がダイエットしたくて痩せたのではない。

原因は雅子様。

もしかしたら雅子様自身も気が付かないのかも。

皇族で一番強いのは雅子様。

天皇陛下も皇后陛下も手も足も出せない状態。
なにか忠告めいたことをいうと雅子様は変化してしまう。

それが怖くて誰も何も言えない状況。

雅子様は天皇と皇后、皇太子に騙されたと思っている。
被害者意識の塊で、なかなか子供が授からなかったのも
皇太子のせいで自分は悪くない。

愛子様に少し障害があるようなところも皇太子のせいで
自分は悪くない。

すべては皇族の血が悪いと思っているが、反面
愛子様を見ると自然と水俣病の人達が頭をよぎっている。

愛子様に対して愛憎を持っている。

今は自分の両親、小和田恒も優子をも恨んでいる。
これも両親に対しての愛憎。
憎いけど頼りにもしている。

「愛子様を天皇に」は雅子様は考えていない。
それは周りが勝手に考えていることで、本心は
このまま自分の側に置いておきたい。

コインの表と裏のように表面は違っているけど2人でひとつでいたい。
ここまでです。

これから娘宅に孫守りに行きます。また後程

いよいよ恐怖の年金生活に入りました、節約、家族のこと、
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てくださいね。

スポンサーリンク