PM6:00の全国ニュースで、天皇皇后両陛下が三笠宮邸を
弔問に訪れた映像の次に、皇太子殿下と雅子様が同じように
弔問に訪れた映像を見た時、思わず出た言葉が

「あっ、まさこ出てきたじゃん」ついうっかり呼び捨てになってました(ーー;)

皇太子殿下はいつものように偉そうにふんぞり返ってます、雅子様はやつれました?

p0022623203

ベルギー国王ご夫妻関連の公務をしながら
体調不良により9月26日から登校していない愛子様の
看護疲れにより岩手2泊3日の公務をドタキャンしたのが
皇后陛下のお誕生日である10月20日でした。

この日、午前中は皇太子殿下と挨拶に午後は夕食会に行きました。

看護疲れで岩手行きをドタキャンした雅子様が
歯を出して笑顔でお手振りして夕食会に行く画像を見た時の
違和感と言ったら・・・どこか変、
看護疲れの人が午前、午後とお出掛けできるの?
矛盾しているんじゃないの?

10%e6%9c%8820%e6%97%a5%e5%a4%95%e9%a3%9f%e4%bc%9a1

愛子様の不登校問題も看護疲れも何事もなかったような違和感でした。

10月20日以後、雅子様の姿を見る事はできませんでした。
次に見られるのは、11月1日の園遊会だろうか。
もしかしたら、園遊会も愛子様の看護疲れを理由に欠席するかも。

いや、それはいくらなんでもできないだろう。
10月25日愛子様は読書、散歩をされているとの
東宮大夫の記者会見もあり、寝込んでいる風でもない。

園遊会は皇居内で宿泊も伴わない。

中学三年生の、特に付きっ切りで看護するほどの状態でもない
愛子様を園遊会欠席の理由にはできないだろう、と
半分暇人な私はいろいろ頭の中で想像していました(笑)

そして、本日の三笠宮大殿下の薨去(こうきょ)により
園遊会中止の発表。

タイミングが良過ぎではないか?

【以下  妄想モード突入!】

スポンサーリンク

ネット毎日新聞より
三笠宮さまは5月16日に急性肺炎で同病院に入院した。その後、肺炎の症状は治まったが、心機能の低下がみられ、入院を継続していた。最近は容体が安定し、手足を動かすなどのリハビリもしていたという。名川氏は会見で「医師たちを中心に懸命の治療が行われた結果、ここしばらくは安定された状態だった

例え真実が違っていても見たわけでも無し、そのまんま鵜呑みにする
真実だと信じる、思い込めば、そうだろうと納得するだろう。

実は三笠宮殿下は亡くなるまで生命維持装置を付けてかろうじて
生存していたとすればどうだろう。

10月23日は三笠宮大殿下と百合子様の結婚75周年でした。
この日、病室で結婚して皇室を離れた娘さま方と病室でお祝いをした。
これはお祝いも含めた最後の覚悟のお別れであることは
百合子様しか知らないことでした。

美智子様はベルギー国王ご夫妻主催答礼コンサートのことで頭を抱えていた。

マチルド王妃が深緑色の日本風を取り入れたロングドレスを着用するとの
報告があり、招待される皇族のドレスコードは当然、洋服、ドレスより
日本の正式な和装が相応しい。

しかし、雅子妃は着物の着用を未だに負担だと固辞している。
着物を着るくらいなら答礼コンサートに行かないとも言う。

かといって雅子妃を除いた女性皇族全員が着物で
雅子妃だけが洋装では次期皇后の役目ができない、資質が無いと
欧州王室に伝わってしまうし、なにより雅子妃が恥を掻く。

そこで、美智子様は和装、洋装の両方を考えた。
それなら、雅子妃一人だけ洋装より恰好がつくはず。

秋篠宮家に洋装を言い出すことはできなかったし
受け入れるはずもない。

末端宮家の高円宮久子さまに打診してみた。

条件は「女性宮家創設に尽力すること」でした。

久子さまは、渋々と了解し、長女と自分が洋装、三女には振袖を着せた。

美智子様は三笠宮信子さまと杉子さまの諍い、不協和音を知っていたので
女性宮家創設に意欲的な長女、杉子さまに洋装を打診した。
丁度よく次女の瑤子さまは公務で東京不在だった。

杉子さま自身は着物が好きだったが「女性宮家創設に尽力する」の条件に
「わかりました」と答えてくれた。

これで、答礼コンサートでの女性皇族は和装と洋装に分かれた。

和装、皇后美智子様、秋篠宮紀子さま、眞子さま、佳子さま
三笠宮信子さま、高円宮絢子さま。

洋装 雅子妃 高円宮久子さま 高円宮長女承子さま 三笠宮長女杉子さま。

洋装はいずれも、女性天皇、女性宮家創設希望者の長女であった。

p%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%882

こうして、答礼コンサートは無事に終わった。

次に、美智子様が頭を抱えたのが、園遊会のドレスコードであった。

雅子妃が出るようになって2回、洋装、洋装にしてきたが
さすがに3回は洋装にできない。3回洋装にしたとすると
雅子妃に甘い皇后と自分が悪く言われてしまう。

自分が悪く言われる、これは絶対に避けたいことだ。

かといって、雅子妃はまだ着物を着られないという。
また、園遊会を欠席しようものなら雅子妃への非難も多くなるだろうし
皇后にふさわしくないと言われると、皇太子まで天皇になれない。

美智子様は密かに百合子様に相談をした。

大殿下の斂葬(れんそう)の儀は暑くなく寒くなく丁度よい時期にしたいですね。
大殿下亡き後も三笠宮家、高円宮家、双方の宮家が続きますように
尽力させていただきます。

百合子さまからは、せめて結婚75周年を娘たちと
お祝いしたいと思いますの返事。

10月23日以後、百合子様は検査入院と称して同じ病院に寝泊まりし
その時を待ちお一人で殿下を看取ったのでした。

園遊会は中止になった。

こうして、岩手行きをドタキャンして以来、お出ましできずにいた
雅子妃は三笠宮家へ弔問という形でお出ましのチャンスを掴み
園遊会中止ですべて上手くいったのでした。

これ以後はおそらく、愛子様が不登校になっていた時も
ベルギー国王ご夫妻を迎えての歓迎式典、晩餐会、答礼コンサートに
出席したように、三笠宮殿下の本葬「斂葬(れんそう)の儀」に出席し
少しづつ公務へ復帰する予定である。

雅子妃の頭の中は愛子様より自分のことでいっぱいなのであった。
同じように皇后美智子様も皇太子と雅子様を天皇、皇后にすることで
頭がいっぱいなのであった。

2人の頭の中には愛子様のことも、来年春の園遊会のことも無かった。

 夜の夜長の皇室妄想日記終わり

いよいよ恐怖の年金生活に入りました、節約、家族のこと、
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てくださいね。

スポンサーリンク