23日、天皇皇后両陛下は生前退位の意向が明らかになってから初めて
皇居・御所に皇太子さま、秋篠宮さま、長女の黒田清子さんが集まり、
天皇皇后両陛下と5人で昼食を共にされた。 中略

天皇陛下自らがお気持ちを公表する方向で検討しているという。


昼食会1 昼食会2
嫁は関係ない、実子のみ集めて親子で食事だけじゃないでしょう
当然!生前退位の話し合いも行われたはず。
何故、嫁である、雅子様、紀子様を入れなかったのか?
紀子様はともかく、雅子様の耳に入れたくない
雅子様が同席すると話辛い話題があった・・・とか。

この場合、紀子様を入れて雅子様を外すことはできないので
一緒くたに嫁外しをした、と思うのが当然。
皇太子に生前退位、生前譲位をした場合
皇太子は周りのアドバイスを受けながら
それとなくこなすだろうけど、雅子様がネックなんだろうなぁ

誰が見たってそう思うでしょ。

7月21日のBS11で放送した「プライムニュース」を見ましたがあまり記憶に止まるような話が無くて退屈でした^^;

気になったのは、次期天皇を皇太子との表現はあまり使わず
「次に天皇になる方々皇后もいれて」「新しい天皇」このような言い方でした。

生前退位は新しく天皇になった方と今上天皇と
比較されてしまうことがあること。

比較されると新しい天皇のプレッシャーになる。

30年の実績がある現天皇と新しい天皇の関係は難しいと思われる。

摂政は難しい、秋篠宮殿下が記者会見で言った天皇の定年制など

段々眠くなるような番組でしたが、番組で「私の声」
質問、意見を募集のアナウンス、テロップでのお知らせがあり
番組で紹介されることもあります、との事でメールしました。

こちらもガッカリ、お1人だけのメールを紹介して番組終了。

私が出したメール、私の声を読み返すと下手ピー文章(笑) 以下

———————————

天皇陛下が生前退位の意向があると報道されびっくりしました。
公務が多いとのことですが、天皇陛下御自身が減らすなら辞めると
言っているだけのようなニュアンスに聞こえます。
皇太子に祭祀、国事行為の一部、国内の被災地へのお見舞いなど
海外への慰霊の訪問も皇太子殿下、秋篠宮両殿下が代理で
鑑賞の数も多く、負担を減らすことはできると思います。

客観的に見て、これだけお出掛けする高齢者は一般的にいないと思います。
また、皇太子妃、雅子様の体調が完全ではなく皇室行事も新年の儀、
歌会始は欠席、園遊会は最後まで出来ずで皇太子ご夫妻に対して
後継者として天皇陛下は不安はないのでしょうか?

スポンサード リンク