今週の女性自身は雅子さまご成婚25周年記念大特集でした。
表紙からして、雅子さまのご尊顔を拝見することになります。
当然!写りの良い写真がてんこ盛り。

第一弾、「決意のホワイトスーツ」
久しぶりの「決意」がついたタイトルに心が躍ります( ゚Д゚)

第二弾 雅子さま、笑顔で紡ぐ、麗しき25年。

皇太子、眼鏡をかけたら北の刈上げ大将に似ているかも(≧∇≦)

気持ち悪い写真ですねぇ(^^;) 美智子さまスタイルだそうで確かにそうかも。


結婚式の数日前から、新婚時代の公務、サウジアラビア訪問。
愛子さま誕生、成長、そして、
これからどうする? どうなる?
残り1年 皇后への道のり。

それは実際に即位して皇后にならないとわかりませーん。
少しづつ公務など復活はしているようですが、今のペースが
3、4年早かったら・・・試験前の一夜漬けみたいなもので
たった1年で劇的に回復し、園遊会も最後まで、正月の一連の儀式も
皆勤賞、祭祀もやって、今までできなかったことが
全部できるとは思えない。だから、秋篠宮ご夫妻と公務を分担なんだし。

当面、6月9日の結婚25周年、いわゆる銀婚式で皇太子と雅子(サマ)が
どのような対応をするのか、興味津々です^^;

おそらく記者会見無し。文書での感想と3人の映像を流して終わりだろう。
と推測しています、ツーショットでの会見、長年見ていないので
できれば見たいものだけど、雅子(サマ)が無理でしょ。

第三弾 美智子さま 後は雅子妃に託します。

物凄く簡単に書けば、6月9日から11日まで福島県を訪問する
天皇皇后、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北3県を
訪問する機会は今回が最後になる。
美智子さまが、いかに被災地の復興を心配していたか。
7年間で16回、被災地を訪問し激励され続けてきた。
被災地復興も皇太子や雅子さまに託し、自分達が平成流を
編み出してきたように、2人にも道を切り開いてほしいと願っている。
大体こんな感じでした。定番の慈愛の美智子さまから雅子(サマ)へ。

美智子さまのようにアクティブには動かなそうだし
動けないとは思うので、年に1回くらい被災地訪問すれは
良い方なんじゃないかなぁ。

雅子(サマ)の銀婚式関連はこれで終わり。次は愛子さまです。



既にネットにあがった愛子さまの記事。
嘘も百回言うと本当になる、とも言うけど、愛子さまご優秀は
既に百回くらい書かれてるんじゃないかな?
それでも、本気にできなくて、反対に笑ってしまうのです。

とにかく、英語が得意でトップクラス、欧州王室の王族とも
英語で懇談されたと書くなら、次は是非!愛子さまが
欧州王族と英語で懇談している映像を流して欲しい。
言うだけならなんぼでも言えるじゃん。

愛子さまの頼りはご友人との絆と語学力だけ。
のご友人がポイントで、カラオケ、ボーリングなどで一緒に
遊んでくれる友人数人も一緒でしょう。
そのお嬢様方は、そのまま学習院大に進み、その後は
宮内庁職員になり、破格の待遇で愛子さまのお付き、
女官になる道が確定しているのかもよ。

皇太子の娘、新天皇の娘ということで、特権使いまくりだけど
元々は皇族の為の学校だった学習院だからできることでしょ。

愛子さま 英国留学先は男子校!超厳格で電話もメールも禁止
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180605-00010000-jisin-soci
登校時刻のベルが鳴る5分前。
学習院女子高等科への通学路を歩く生徒もまばらになってきたころ、
乱れる髪も気にされず愛子さまは校門へと全力ダッシュ!
付き添いの東宮侍従も、息を切らして追いかける。
すでに気温は上がり始めていたが、夏服姿の愛子さまは涼しげなご表情だった――。

5月31日、愛子さまが今年の夏休みにイギリスへ短期留学されることが明らかになった。
学習院女子高等科の保護者は愛子さまが参加される「イートンサマースクール」
についてこう語る。

「イギリス・ロンドンにあるイートン校に3週間滞在し、寮生活を送りながら英会話や
イギリス文化を学びます。高等科の2年生と3年生の中から40人が参加するのですが、
毎年希望者が殺到します。このプログラムに参加したくて学習院女子に入った生徒も
いるほどの人気です。学習院では国際教育に力を入れており、多くの生徒が留学を目指し
英語を猛勉強しているのです」

そんな友人たちからの触発もあったのか、愛子さまは昨年4月に高等科に進学されてから、
海外への関心を強められてきた。

昨年、東宮御所にデンマーク皇太子ご夫妻やスウェーデン皇太子が招かれたとき、
愛子さまも同席されて英語で懇談されたのです。皇太子さまは、愛子さまの語学力は
ご自分以上だと話されているそうです」(宮内庁関係者)

しかし、前出の保護者はこう付け加えた。

愛子さまは英語の成績もトップクラスなので、語学力については心配無用でしょう。
ただ、このプログラムを乗り切るには体力と精神力も必要なのです」

愛子さまは3週間のイギリス滞在をどのように過ごされるのだろうか。
学習院関係者が語る。

「イートン校は約600年の歴史を持つイギリス屈指の名門男子校です。
ウィリアム王子やヘンリー王子も卒業生で、制服である黒の燕尾服がトレードマーク。
王室の子息が通うだけあって校風は非常に厳格です。愛子さまが受けられる授業も、
イートン校の先生や卒業生が担当します。
毎朝8時半から始まる授業はもちろん、世界遺産のストーンヘンジや
大英博物館を訪ねる校外学習の際も日本語は禁止。
さらには、日本の友人や親と電話やメールをするのも厳禁です。
身も心もイギリス文化に浸かる、濃密な3週間を過ごすのです」

イギリスでは東宮侍従や護衛も付き添わず、
愛子さまの頼りはご友人との絆と語学力だけ。

雅子さまと3週間も離れ離れになるのも今までにない経験だ。
初めての単独海外ご訪問となるイギリス留学で、
愛子さまは一回り大きく成長されるはずだ――。
更に太って一回り大きくなって帰国するのかしら?( ゚Д゚)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。