録画していた、ヘンリー王子とメーガンさんの結婚式を見ました。
CSのBBSワールドでは、まだ放送しています。
イギリスは気温20度、晴天で半袖、タンクトップの一般人もいます。
結婚式後の様子、他のチャンネルではファッションのこともいろいろ。
私もCSを観ようかと思いましたが、画質が悪くBSを観ました。

メーガンさんのウェディングドレスはシンプル、ベールの長さ5mだけど
こちらもゴテゴテしないレースで、ティアラと合って素敵でした。

以下、画像サイズ、重さを軽量化しましたが、画像が多いです。

メーガンさんの父親は心臓発作を起こし、5月16日(現地時間)に心臓の手術を受けたため
代わりにチャールズ皇太子が父親の役目を代役にバージンロードを歩き
このシーンは良かったです。お母さん、ずーっと涙ぐんでいました。
メーガンさんよりお母さんの方が美人だと思いました。





ところで、伝統に則った厳正な式次第が進んでいったと思っていました。
黒人の米国聖公会マイケル・カリー総裁主教による説教が始まると
説教が、身振り手振り大きくセントジョージ礼拝堂の説教台が揺れて
蠟燭が倒れるのでは?と心配しましたよ~~
こういう神父の説教を王室の結婚式で見るとは思いませんでしたし
凄いな~映画とは違う、本物の、しかも王族の結婚式で、初めて見ました(@_@)
ヘンリー王子ととメーガンがお願いしてアメリカからお招きしたそうですが
王族方もびっくりしたのでは? 今日の結婚式で一番インパクトが有りました。

そして、セントジョージ礼拝堂でゴスペル曲「スタンドバイ・ミー」
ここは英国ではない、米国ですか?な米国風結婚式が続き
ようやく指輪交換で正常な結婚式に戻ったのでした。

かなり、黒人と白人のハーフであるメーガンさんを意識した結婚式で
黒人の方も多く、結婚式は英国と米国を合体させたようでした。
これ以上の感想は今のところありません。英国のことだから。

元カノのクレシダさん、この方が結婚相手だったらもっと華があっただろうな。

簡単な動画、まだ見られるかな?

https://mainichi.jp/movie/video/?id=5787102308001

【ロンドン矢野純一】英国のヘンリー王子(33)と米国の俳優メーガン・マークルさん
(36)の結婚式が19日、ロンドン近郊のウィンザー城内の聖ジョージ礼拝堂で開かれた。
アフリカ系米国人の母を持つマークルさんを王室へ迎えることに風当たりも強かったが、
新しい王室を望む国民に受け入れられ、同城周辺には約10万人が詰めかけた。
マークルさんの父トーマスさん(73)=メキシコ在住=が「健康に問題がある」として直前
に出席を取りやめたため、マークルさんは代役のチャールズ皇太子(69)とバージンロードを歩いた。
2人は英国国教会の最高位聖職者ウェルビー・カンタベリー大主教の前で結婚を誓約。
マークルさんは英王室のメンバーとなった。
式にはマークルさんの母ドリア・ラグランドさん(61)のほか親族2人や友人ら600人が参列。
元サッカー選手のベッカム夫妻や、米俳優ジョージ・クルーニーさんも加わった。
エリザベス女王(92)は同日、結婚に合わせて王位継承順位6位のヘンリー王子に公爵にあたる
「サセックス公」、マークルさんに「サセックス公夫人」の称号を与えた。
英王室は、ウエディングドレスのデザイナーはフランスの高級ブランド「ジバンシィ」で
芸術監督を務める英国人クレア・ワイト・ケラーさんと発表した。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。
スポンサーリンク