雅子(サマ)ってまだ1人では動けなくて、今日は皇太子と愛子さまを
伴って「はじめて御養蚕所を訪ねた」のですね。
皇太子は今日も、定位置の後部座席で、いつまでこの調子なのでしょ。
天皇になっても後部座席だったら、これはこれで面白い(≧∇≦)

で、慈愛の皇后は
「過度な精神的負担とならないよう、可能な範囲でなさればよろしいのでは」
お優しいこと、まだ!病気療養中、まだまだ病気療養中。
死ぬまで病気療養は外せませんわっ!
下皇后になっても、年に一度のロケの時だけで後は職員に
よろしく~になる予感がします。

皇后に指導を受ける雅子(サマ)と皇太子と愛子さまの4人が見られると
思って楽しみにしていたのに、その画像は今のところ無しですね。
つまらないなぁ・・・もっと楽しませて欲しいわ。

来年5月の新天皇の即位に伴い、皇居で伝統的に行われてきた養蚕(ようさん)が、
皇后さまから新皇后となる雅子さまに引き継がれることになった。
13日、雅子さまはご一家で皇居・御所の天皇、皇后両陛下のもとを訪れ、
皇居内にある紅葉山御養蚕所を視察した。
皇室では明治以降、養蚕業の奨励や文化継承のため、歴代の皇后が蚕(かいこ)を
育て繭をつくってきた。毎年、蚕に桑の葉を与えるなどの作業を5月上旬から始め、
同月末ごろ繭を収穫(収繭(しゅうけん))する。取れた糸は文化財の復元や国賓への
贈り物などに使われる。
13日は作業の引き継ぎのため、雅子さまが皇后さまからじかに説明を受けた。

雅子さまは午前10時50分ごろ、皇太子さまと愛子さまとともに、沿道の人に
笑顔で手を振りながら車で皇居に入った。雅子さまが御養蚕所を訪ねたのは初めて。
天皇陛下の立ち会いのもと、皇后さまから作業について説明を受けたという。
関係者によると、雅子さまは病気療養中のため、皇后さまは
「過度な精神的負担とならないよう、可能な範囲でなさればよろしいのでは」
との考えだという。 ご一家は両陛下と昼食を共にし、午後2時ごろ、皇居を後にした。
(中田絢子、多田晃子)デジタル朝日




天皇皇后両陛下 横山大観の回顧展を鑑賞

元気な高貴高齢コンビのハイハイハイ徘徊。
疲れを知らない 子供のように時が二人を 追い越してゆく
呼び戻すことが できるなら僕は何を 惜しむだろう(シクラメンのかほり)

天皇皇后両陛下は日本画家・横山大観の回顧展をご覧になりました。
両陛下は13日午前10時前、東京国立近代美術館で開かれている
「生誕150年横山大観展」を訪れ、万里の長城などが描かれた
「瀑布(ばくふ)」を鑑賞されました。両陛下は1992年に中国を訪問し、
万里の長城を歩いた際の思い出話をしながら作品をじっくりとご覧になりました。
横山大観の作品は墨で輪郭を描かずに光や物体を表現する
「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる手法が特徴の一つで、
陛下は「あの辺の岩は朦朧体で描かれたのですか」などと尋ねられていました。






【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。
スポンサーリンク