天皇陛下、退位まで1年 公務減らさず、全うする意向

宮内庁の提案は至極全うなことだと思うのですが
天皇陛下はこの案に同意しなかったそうです。
一年はあっという間、もう来年の明日4月30日には退位し
5月1日は皇太子が天皇に即位するというのに。
こんなに我の強い方だったとは驚きです。

以下の記事を読んでください。

天皇陛下の退位まで30日で1年。宮内庁は陛下の84歳という年齢を考え、この1年で徐々に公的な活動を皇太子さまや秋篠宮さまに引き継ぐことを提案したが、陛下は平成が終わる退位日まで活動を全うする意向であることがわかった。北海道・利尻島や福島県など少なくとも4道県にも訪問する見通しだ。宮内庁関係者によると、昨年6月の特例法成立で退位が決まったことを受け、宮内庁は天皇陛下の活動のうち、憲法で定められた国事行為以外の公的活動の見直しに着手。その中で、退位前に少しずつ数を減らし、皇太子さまや秋篠宮さまに引き継ぐ案が浮上した。新天皇となる皇太子さまを支える職員らを慣れさせ、円滑な継承を目指す意図もあった。だが陛下は、この案に同意しなかったという。朝日新聞社

私も、少しづつ公務を減らし、皇太子と雅子(サマ)がその分、公務を増やす。
皇太子はともかく、雅子(サマ)は公務に慣れて行く必要があるだろうと、
今年の春の園遊会ですら、中抜け(トンズラ)している様子を見て思いました。

退位の理由が天皇陛下自身が仰っていた「高齢」もあり
戦没者追悼式も天皇陛下のまだらボケ症状が見られたので
今年は皇太子と雅子(サマ)が出席されて、その場に慣れたら良いだろう。
しかし、天皇陛下は退位日、4月30日まで活動すると言う。
皇太子と雅子(サマ)だけの問題ではない。



宮内庁の
新天皇となる皇太子さまを支える職員らを慣れさせ、
円滑な継承を目指す意図もあった。

これ重要です、職員が慣れて手際よくやれるように
この一年で慣れる必要があるのに、それを阻止、同意しないとは。

退位そのものが大いに迷惑で、お金(税金)の掛かることでしたが
周りの迷惑は全く考えていないように思えて仕方ない。

最後まで活動するのが美学とでも思っているのだろうか?
最後まで天皇でいることが天皇の責任ではなかったのか。

年寄りの考えることはわかりませんが、自己中になることは
よく耳にします。天皇陛下も聞く耳持たずで、我がまま放題ですか。

こんなに動けるのなら、退位する必要が無かったのではないですか。
5月1日から、いきなり皇太子が天皇になって職員は大丈夫なのですか。

近頃の天皇陛下は「老害」に見えます。
勿論、美智子さまも反対せずの容認で同意しなかったですよね。

もう一年しかないのです、次は皇太子と雅子(サマ)が天皇皇后になる。
しかし、ここ一年ほど天皇皇后両陛下を見ていると
退位宣言したら、元気、元気で動き回っているように見えます。
今日は「昭和の日」でしたが、平成も一年で終わりか・・・
次の元号はなんだろ、私自身は最近、西暦を使う事が多くなりました。
以下、みどりの式典にも皇太子と雅子(サマ)が出席しても良かったのに。

天皇、皇后両陛下は28日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた
第11回みどりの式典(内閣府主催)に出席した
植物や緑地などの研究や技術開発、緑化推進運動などで功績のあった人などへの
賞の授与や表彰があり、両陛下は拍手でたたえた。
その後のレセプションにも出席し、関係者らと和やかに懇談した。






【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。