沖縄には強い思い入れがあり、在位中最後の天皇皇后両陛下の
「強い希望」により、昨日28日、元気に沖縄の地に立った高貴高齢コンビでした。
天皇陛下が思ったより元気そうです、美智子さまはバリバリ元気でしょう。
あ・・・美智子さまは、(以下YOMIURI ONLINE )足と頸椎に痛みがあるのでした。
満身創痍とまではいかないけれど、這っても沖縄に行って
「先の大戦で多大な被害を受けた」沖縄に行き慰霊したいのでした。
本当に本当にご苦労様です。 これで在位中の沖縄訪問は終了ですね。
しかし、上皇、上皇后になって初の沖縄訪問もあり得ますね。
両陛下は南方面に行くと元気になるようです。

宮内庁は20日、皇后さまに今年1月頃から断続的に足の痛みがあり
21日に行われる宮中祭祀さいし「春季皇霊祭・春季神殿祭の儀」
への出席を取りやめられると発表した。
時折、強い痛みがあるものの、日常生活に大きな支障はないという。
持病の頸椎けいつい症性神経根症も考慮し、侍医が判断した。
6月に行われる香淳皇后例祭への出席は、様子を見て決められるという。
YOMIURI ONLINE

国立沖縄戦没者墓苑に供花に訪れた天皇、皇后両陛下
27日午後3時11分、沖縄県糸満市の平和祈念公園、山本裕之撮影

「豆記者」の小中学生に声をかける天皇、皇后両陛下
2018年3月27日午後4時2分、那覇市、代表撮影

天皇、皇后両陛下は27日、特別機で沖縄県入りした。
空港に到着後、沖縄戦最後の激戦地となった糸満市にある
国立沖縄戦没者墓苑を訪問。戦没者の妻ら遺族が見守る中
慰霊碑に白菊の花をたむけ、深々と拝礼した。

両陛下の沖縄訪問は11回目。来年4月末の退位を控え、その前に
現地を訪れたいというお二人の強い希望で実現した。
在位中最後の訪問とみられ、沿道には多くの市民が集まった。

那覇市の宿泊先のホテルでは、本土との交流活動をしている
「豆記者」の小中学生らと懇談。28日には日本最西端に位置する
与那国島を初訪問する。朝日新聞

スポンサーリンク

さあーーー今回の沖縄訪問の口実のひとつだった
国立沖縄戦没者墓苑に供花は終わった!
今日からは趣味、ライフワークのひとつ「離島巡り」をするザマスっ

与那国島を訪問し、東牧場で与那国馬を見る天皇、皇后両陛下
28日午後0時25分、沖縄県与那国町、代表撮影

いいですねぇ、青い空、沖縄ならではの綺麗な海、時期も春の良い時期。
両陛下もリラックスしている様子、元気な高貴高齢コンビ。
なんだかんだ言っても、恵まれていますよ。
特別専用機でどこへでも行けるんですから。
春休みですが、ド庶民は空港まで荷物を持参し、エコノミーに乗り
隣に座席の幅を取るデブった人や、意地悪目線の人が乗っても我慢して
伸ばしたい足も伸ばせず、トイレに行きたくても「すみません、すみません」と
言いながらカニ歩きしながらトイレに到達・・・思ったらトイレまで
春休みなもんだから人が多くて並んで、そのうち気持ち悪くなったりして( ゚Д゚)

天皇陛下は離島での生活や文化を知ることが象徴の務めと考え
皇后さまとともに各地の島々をご訪問。

よく考え付きましたよ、離島巡りが象徴天皇の務め。はあ( ゚Д゚)

沖縄県を訪問中の天皇、皇后両陛下は28日、沖縄本島から特別機で
与那国島に入られた。日帰りで島内を回り、「日本最西端の碑」を訪れるほか、
日本在来種の「与那国馬」や世界最大級の蛾「ヨナグニサン」をご覧になる。国の重要
無形文化財「棒踊り」を鑑賞される機会も設けられる。

天皇陛下は離島での生活や文化を知ることが象徴の務めと考え、皇后さまと
ともに各地の島々をご訪問。沖縄でも宮古島、石垣島などに足を運んでおり、
在位中最後になるとみられる今回は日本最西端の与那国島訪問を望まれていた。産経新聞

気分転換にこの人は誰でしょう。今もイケメンです(^_^)






【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。
スポンサーリンク