女性セブン最新号の皇室記事はネットで
いち早く見られることがある。
今週号もアップされていました。NEWSポストセブンより
http://www.news-postseven.com/

小室圭さんが秋篠宮邸で150分の問答、別の問題はないか…
http://www.news-postseven.com/archives/20180315_659966.html
眞子さま、お気持ちが揺らぎ始める 紀子さまはその後を心配
http://www.news-postseven.com/archives/20180316_660012.html

3月9日夜6時半、秋篠宮邸を訪問した小室クンの表情が
いつもより暗い、固い雰囲気に見えて厳しいことを言われたのでは?
とブログには書きましたが、当然中のことは分かるはずもない。
女性セブンのタイトルを見れば、話半分だとしても
宮内庁関係者の話として、何か漏れ伝わることはないだろうか?と
読み進めても、特にこれといって目新しい、会話の内容は
書かれていませんでした。当然といえば当然かもしれないけどね(笑)

ネットにアップされている記事は全文を載せると長くなるので掻い摘んで。

「一体、今日はどのようなお話なんだろうか」
真一文字に閉じられた小室さんの口から、思わずそんな不安が
漏れそうだった。少なくとも、“久しぶりに恋人に会いに行く”という
幸せそうな顔ではない。

次に小室さんが姿を見せたのは、2時間半後の夜9時過ぎ。
その時も、車に乗った小室さんは厳しい表情を浮かべていた。

滞在時間も大幅に長かった。秋篠宮ご夫妻と小室さんとの間で、
150分にも及ぶ深刻な『問答』が行われたようです」
(皇室ジャーナリスト)

翌10日、秋篠宮ご夫妻は、10万人が亡くなったとされる
「東京大空襲」から 73年目の慰霊祭へ、さらに11日には
「東日本大震災7周年追悼式」への臨席が予定されていた。

本来であれば、それらの大事な務めを終えられたあとに
ゆっくりお時間を取って小室さんに会われてもよかったでしょう。
にもかかわらず、その前日に緊急に呼び出されたわけです。
これは大変異例のタイミングで、よほどの要件があったとしか
考えられません」(前出・皇室ジャーナリスト)

◆小室さんは虚偽の説明をした

小室さんと佳代さんは、返済を要求するA氏に「贈与だと認識しています 」
と伝え、金銭を返すことを拒んだ。
秋篠宮ご夫妻にも、同様の説明を繰り返したという。

だが、小室さん側の「言い分」が根底から崩壊する事態が起こる。
2月26日発売の『週刊現代』で、佳代さんが東日本大震災直後にA氏に
送ったメールが報じられた。

《申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか》

そこには、佳代さんがA氏から渡された金銭を「借金」と認識していた
動かぬ証拠が残されていた。

「秋篠宮ご夫妻の中で、小室さんへの不信感が高まっていました。
小室さんがメールの内容を知っていたかどうかは定かではありませんが、
ご夫妻に虚偽の説明をしていたわけですからね。
ただでさえ、騒動がここまで大きく発展してしまっている以上、ご夫妻は
一刻も早く小室さんからの説明を求められたのではないでしょうか。

さらに言えば、ご夫妻が“小室さんや家族は、まだ発覚していない
また別の問題を抱えているのではないか”と思い至るのも当然でしょう。
重要な公務を控えた前日に取られた小室さんとの150分間は、
“洗いざらいすべてを話してください”という問答だったようです」
(宮内庁関係者)

◆眞子さま、お気持ちが揺らぎ始める 紀子さまはその後を心配

小室さんの母親の金銭トラブルなど、さまざまな報道がなされても
眞子さまの「小室さんと結婚したい」というお気持ちは固いものだった。

「強固な信頼感があったわけですが、眞子さまも聞かされていなかった
報道が後を絶たず、最近はお気持ちに揺らぎが生じ始めたといいます。
ただ、それを相談できる相手もおらず、眞子さまはふさぎ込まれる様子も
見せられているそうです。

秋篠宮ご夫妻は、お子さまがたの自由意思に任せる教育方針を貫かれてき た。
もし眞子さまがそれでも小室さんとの結婚を望まれれば、ご夫妻はどのような
結論を出されるのだろうか。

このまま結婚となるか、あるいは白紙となるかはまったく不透明です。
ただ、紀子さまは“その後”にも危惧を抱かれているそうです。
それは、さまざまな懸念のある小室家に嫁いだ眞子さまが、将来、離婚と
いう選択肢に苦しまないかということです。

というのも、紀子さまの弟は子連れ離婚の経験があり、弟の憔悴ぶりを聞
いた紀子さまは、眞子さまに同じ思いだけはしてほしくないとお考えになって
いるといいます。眞子さまに再三にわたって“慎重にお考えなさい”とお伝え
になっているといいます」(別の宮内庁関係者)
※女性セブン2018年3月29日・4月5日号
以上がネットにアップされた大筋で、詳細はリンクして読んでくださいネ。

眞子さまの気持ちが揺らぎ始めている、本当だとすれば良い兆候ですが。
紀子さまが結婚前から離婚の事まで考えること事態が異常で
何も弟さんの事まで出さなくてもいいのに・・と思いました。

女性セブンが、丸々記事を載せるワケはなく
いつものように、載せていない部分もあります。

スポンサーリンク

どーしてもお金を返して欲しいA氏の話で、タイトルは

元婚約者A氏が「金銭トラブル」の真相を告白。
佳代さんが断った「別の男性からのプロポーズ」

冒頭から
「私は、なにも結婚の邪魔をしたいわけではありません。
ただお金を返してほしい。それだけなんです」

A氏が一貫して言っていることは「お金を返して!!」
金銭トラブルの真相は今まで出た記事と同じです。^^;

A氏から出た新しい圭与さんのエピソードが書かれています。

2010年に圭君の父親になろうと決めて、葉山のレストランで
圭与さんの家族にも紹介された。
その店では、のちに眞子さまと圭君が何度かデートをした。

「圭君の弾くピアノの音が原因で、マンションの住人と
騒音トラブルになったことがあった。
圭君に英才教育を施したかったかんでしょうか、圭与さんは
ピアノのボリュームを落とすのではなく、クレームを
抑え込むことに躍起になっていました」

消音付きのアップライトピアノも売られていますし
簡易防音室も売られていますが、これらは高い。
防音絨毯、ピアノ防音パネル、などピアノ販売会社も
防音対策用の品はそこそこあるのですが。

A氏がピアノのボリュームを落とすのではなく
と書かれているところを見ると、電子ピアノの可能性が高い。
電子ピアノはボリュウムを落とせるし、ヘッドフォンを使用しての
練習もできますが、アップライトピアノは結構音が高いです。
私はボンビーなので、電子ピアノ、教室ではグランドピアノと
アップライトピアノで練習していましたが、アップライトピアノは
音量を調節できない、意外に高い音が出るんだな、と思いました。

英才教育をしたいなら、最低でもアップライトピアノ。
できれば、小振りでもグランドピアノでしょうねぇ。
値段は高いけど6畳の部屋でも置けます。

圭与さんはセレブへの憧れがあったようで、高級レストランや
リゾート地での別荘ライフが特集された雑誌をよく読んでいた。
アンティーク家具にも興味があったようです。
“ギャラリーを開くのにいいところを見つけたの”と鎌倉の物件を
見に行ったこともある。正直、”そのお金は誰が出すのか・・”と思いました」

セレブ雑誌、アンティークな物は私も見る事がありますが
それは、見て楽しむだけで自分の財布の中身を考えれば
買えない、行けないのは自覚できるわけで・・・^^;
実際にギャラリーを開くのにいい物件まで探して見に行くとは
現実の生活と夢見る生活が入り乱れて混沌としていたか
A氏にお金を出して貰う予定だったのか。
ともかく、お金が無いのに上昇志向が異常に強い人であることの
エピソードでした。

度重なる「財布扱い」に嫌気が差したA氏は2012年9月婚約解消を告げる。

「意外にも最初はあっさり”あ、そうですか”と。
“私が料理を作らなかったからですか?”と少し的外れな質問もあった。
本当かどうかはわかりませんが
“あなたと婚約していたから、私は別の男性からのプロポーズを
断ったんだ”とうらめしそうに言われました」

お金の返済を求める手紙のくだりは既に記事で
散々出ているので、省略。

私から一方的に婚約破棄され、精神的な傷を負っているともありました。
もしかしたら、圭与さんのいう”プロポーズを断った”ことで
逃したチャンスも含まれていたのかもしれません」

今現在も圭与さんからA氏への接触無し、音沙汰もないそうです。

葉山のレストランで眞子さま、小室クンも何度かデートした。
金銭トラブルの他に、ピアノの騒音トラブルもあったこと。
ギャラリーを開くのに良い物件を見つけて見に行ったこと。
もしかしたら、プロポーズされた別の男性がいたこと。

なんつうか・・・やっぱり変人ですよね。

小室親子にぴったりな諺
「二兎を追う者は一兎をも得ず」




【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。
スポンサーリンク