このまま納采の儀まで突き進むか? 半信半疑でしたが
ビックリしました、インフルエンザで寝ている間に婚約延期とのこと。
なんだか、このままフェードアウトするような気がするのですが。

「借金トラブルについての記事が出て間もないころ、圭さんは、秋篠宮さまに
“この件はまったく知らなかった。直接、説明したい”と申し出ました。
しかし、秋篠宮さまは申し出に対して“結構です”と、はっきり断られたんです。
その際の秋篠宮さまは、圭さんのことを信用しているから断ったというご様子では
なかったそうです」(宮内庁関係者)週刊女性より

週刊誌の書いたこととはいえ、これは秋篠宮殿下が小室クンを
突き放していませんか。
小室クン「説明したい」秋篠宮殿下「結構です」とはっきり断られた。
小室クン(佳代さんに対しても)に対してかなり不信感を持っていますよね。
もう小室クン、無理じゃないかな?
このまま、延期、延期でフェードアウトになれば良いのですが・・・

宮内庁は6日、婚約が内定している秋篠宮家の長女眞子さま(26)と
法律事務所社員の小室圭さん(26)が結婚を延期されると発表した。
結婚に関する一連の行事は、天皇陛下の退位や皇太子さまの即位などの
儀式が終了した後の2020年になる見込み。
眞子さまは同日、宮内庁を通じて文書で「お気持ち」を公表し、
延期の理由について「現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や
結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを
認識するようになりました」と説明した。

文書は、眞子さまご自身と小室さんの気持ちを記したもので、
「私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え
その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います」とつづった。
天皇、皇后両陛下は、お二人の気持ちを尊重されているという。
宮内庁は「結婚の意思に変わりはない」と説明した。

眞子さまと小室さんの結婚は、昨年9月3日に天皇陛下が「裁可」をされ
山本信一郎長官が婚約内定を発表。お二人そろって記者会見に臨んだ。
今年3月4日に一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」を行い、
11月4日に結婚式を挙げる予定だった。

小室さんを巡っては「母親が金銭トラブルを抱えている」との週刊誌報道が昨年末からあった。
宮内庁は週刊誌報道と結婚の延期は無関係としている。
政府は、結婚によって眞子さまが皇室を離れる際の一時金に充てるため、
18年度予算案に1億5000万円を計上していた。

眞子さまは「予定を大幅に変更することは、私たちの結婚に快く協力して
くださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、
大変申し訳なく思っております」とも記した。
皇室の結婚が延期された例としては、1923(大正12)年の関東大震災発生で、
昭和天皇と香淳皇后の結婚が先送りにされたことがある。【高島博之、山田奈緒】毎日新聞

スポンサーリンク

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの婚約に関連する行事が
再来年に延期されることがわかった。
宮内庁が近日中に正式に発表すると見られる。
2月8日(木)に発売される女性セブン(2月22日号)が報じる。

眞子さまと、国際基督教大学(ICU)時代の同級生で
法律事務所勤務の小室圭さんは、昨年9月3日に婚約内定会見を開いた。
おふたりの結婚に向け、今後のスケジュールとしては、
今年3月4日に、一般の結納に当たる「納采の儀」が行われ、
11月4日に「結婚の儀」が行われることが発表されていたが
それらの行事が再来年の2020年に見送られることになった。

関係者の話では「婚約に関連する行事の準備にしっかり時間をかけたいから」
という理由だという。来年には天皇陛下の退位と、新天皇の即位も予定されていて
、皇室関連行事のスケジュールが過密だという面もあるが、異例の延期となった。

前週の女性セブン(2月1日発売)では、小室さんの“異変”を報じていた。
小室さんがパラリーガルとして勤務する弁護士事務所の関係者の次のコメントを紹介している。

「1月下旬、小室さんが急に何日かまとめて仕事を休んだんです。
同僚がわざわざ自宅まで仕事関係の書類を届けに行くほどでした。
体調を崩したのか、それとも“報道”に関して何かあったのか…」

小室さんの欠勤に前後して、いくつかの週刊誌で「小室家の過去」を指摘する報道が相次いでいた。

まずは1月23日、『週刊女性』が「眞子さま義母が養っていた“彫金師の恋人”」と題した記事を掲載。
小室さんの父・敏勝さんが2002年に自殺した後、小室さんの母・佳代さんが、アクセサリーなどに
装飾を施す男性Aさんと2007年頃まで交際し、Aさんの生活が苦しくなると、自宅マンションにて
住まわせていた時期もあったと伝えた。
続いて1月25日、『週刊文春』と『週刊新潮』が、佳代さんの“借金問題”を報じていた。
皇室記者が解説する。

佳代さんが、Aさんの後に交際した外資系商社マンのBさんに400万円以上の
援助を受けたというものです。
Bさんとは婚約もして、佳代さんは“圭の父親代わりになってください”とまで言っていた。
しかしその後、婚約を破棄した後にBさんが返金を求めると、
“贈与を受けたものだ”と佳代さんは主張。小室さんも同様の考えだったそうです」

Bさんは、その400万円以上のお金は小室さんのICUへの入学金や授業料
、留学費用やアナウンススクールの授業料にあてられたと主張しているという。

「それらの報道を受けて1月25日、宮内庁長官会見で記者から
“報道が眞子さまのご縁談に悪い影響を与える可能性は?”という質問が飛びました。
長官は“答える立場にないし、答える必要もない”と応じましたが、
周囲が結婚への影響を案じていたことはたしかです」(前出・皇室記者)
週刊ポストセブンより




【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。

スポンサーリンク