宮内庁は22日に閣議決定した平成30年度政府予算案に
天皇陛下の譲位に関する経費として35.6億円を計上した。

内訳は
譲位後のお住まいの工事費などに17.3億円、
一連の儀式に必要な用具、装束などの調達に16.5億円。
譲位に伴う組織改編を見据え、前倒しで職員の増員も図る。

両陛下が皇居・御所を出た後に仮住まいされる高輪皇族邸は
総事業費8.4億円をかけ30年度中に改修。

最終的に移られる東宮御所には4.1億円で倉庫を新築する。
エレベーターの設置などバリアフリー化に向けた設計も行う。

皇太子ご一家が入られる御所は、改修工事に必要な設計費のみを計上。
秋篠宮邸を増改築するため、秋篠宮ご一家が仮住まいされる建物や
職員の事務棟も5.8億円で整備する。

新天皇となる皇太子さまが「即位礼正殿の儀」で着用される
「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を新調するのに加え、他の儀式で使う装束も
調達に時間がかかるため、30年度から準備を進める。
皇族方や職員の装束分も盛り込んだ。

即位礼正殿の儀で、新天皇が即位を宣言する舞台の「高御座(たかみくら)」と
新皇后が登壇する「御帳台(みちょうだい)」が30年度中に京都御所から
東京都内に移送修理されることになり、輸送費や修理費に約5億円を見込んでいる。

皇太子ご一家を支える「東宮職」が「侍従職」に移行することを想定し
側近の東宮侍従と東宮女官をそれぞれ2人など東宮職を計5人増員。

「皇嗣職」が新設されるのを前に、秋篠宮ご一家の世話をする職員も計13人増やす。

一方、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが来年11月に結婚する見通しとなり
皇室を離れられる際に国から支出される一時金として上限額の1.5億円を計上。
正式な金額は、皇室経済会議で決められる。産経ニュースより

即位の礼の予算は仕方ないと思う。

今上陛下が即位した時と同じように古式ゆかしい装束での儀式をすることは
好ましいと思いました。 もしかしたら、雅子(サマ)が十二単が負担だと
簡単に洋装で済ませる場合も有りかとも思ったので、皇族方や職員の装束分
高御座と御帳台を京都御所から東京都内に移送、修繕費も良いです。
今上陛下の「即位礼正殿の儀」はテレビで生放送され、リアルタイムで見たので
それをまた見られるのは楽しみです。
佳子さま初め、女性皇族の十二単姿は本当に楽しみ。

Photo 朝日新聞・https://blogs.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

一番頭を傾げたのは、仮住まいをする高輪皇族邸に総事業費8.4億円もかけること。

東宮御所にエレベーターは良しとして、倉庫を新設に4.1億。

今上陛下と美智子さまの仮住まいとお住まい改修工事だけで12.5億!
35.6億円の約1/3の金額を退位する、天皇皇后両陛下のお住まいに使われる。

これだけ見ても、いかに天皇皇后の2人がお金を使うのに
頓着ないのがわかるようです。

倉庫を新設って、美智子さまの衣装保管でしょうかね。
洋装和装含めて物凄い数のはず。

スポンサーリンク

【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。