皇太子ご夫妻は10日、東京都渋谷区の国連大学であった「コスモス国際賞25周年記念のつどい・シンポジウム」に出席された。同賞は1990年に大阪府で開催された「国際花と緑の博覧会」を記念して93年に創設された。毎日新聞

雅子(サマ)のお蔭で?コスモス国際賞があることを初めて知りました。
雅子(サマ)は国連大学が好きですねぇ。

11月9日の園遊会には着物を着て出てきたは良いけど
今回もやっぱり体調を考慮して途中までの参加、
要するに今回で4回目の中抜けのトンズラでした。

体調を考慮して園遊会に最後まで出られない方が
翌日には元気に式典に出てくるとは想定外でした! 
疲れて1週間は表に出て来ないと思っていたので・・・

雅子(サマ)、体調を考慮し過ぎじゃないですかっ?
表情も明るく元気そのものに見えるんですけど。
交流が苦手で体調が悪くなるってことなのですかー?

スポンサーリンク

園遊会は「美智子さまには相当なご負担」と宮内庁関係者
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171110-00000006-pseven-soci

のタイトルで「週刊ポスト・女性セブン」の記事が
ネット配信されているが、女性セブンではもっと大袈裟に
「満身創痍で園遊会ご出席」のタイトル。

右の赤坂御用地不気味な話の方が皇室っぽいオドロオドロしていていいですねぇ(笑)

美智子さまは2005年頃から頸椎症性神経根症に悩まされ、慢性的に首や左腕の痛みやしびれを訴えられてきた。昨年10月にも強い痛みに襲われ、侍医の診察を受けられたことがあった。

中略

2014年の秋の園遊会から、両陛下の年齢を鑑みてお声掛けのルートが短縮されました。それでも、時間にして40分ほど立ちっぱなしのまま。周囲に心配をかけまいと美智子さまが苦しそうな様子をお見せになることは決してありませんが、実際のところは満身創痍の状態で園遊会に出席されているのです

女性セブンは園遊会の前にこの記事を書いて販売した。

9日園遊会当日の夜、美智子さまは満身創痍どころか
日中国交正常化45年記念でバレエ「白毛女」鑑賞されるほど
お元気で、どこが満身創痍なのか?理解に苦しむわ~( ゚Д゚)

それで、週刊誌だけで恥をかけばいいものを
わざわざネットでも披露している、週刊誌・・・(^^;)

83才の高齢者になれば、どこか痛い、具合が悪いところが
出てるのは自然なことで、確かに頸椎症性神経根症なのでしょう。
症状が軽度、中度、重度かはわかりませんが、美智子さまも
その時々によって、やーっと歩いているように見せたり
スタスタ歩いているところを見せたり、一体どっちなんだよっ!

ともかく、首を理由に、晩餐会をはじめ新年祝賀の儀でもティアラを
被らなくなりましたが、元気にテニス、ピアノを弾いています。

ピアノって暗譜するまでは楽譜を見たり、たまに鍵盤にも目をやり
結構首を上下に動かし、当然肩にも負担が掛かるものですが
好きな事は首の痛みも気にならないようです。
草津まで行って、有名演奏家と狂演するくらいピアノは大好きらしい。

こうして、現在の皇后と皇后予備軍雅子(サマ)を比べると
似たもの同士なところがあり、美智子さまという
悪いお手本がいるので、雅子(サマ)も図太くなっていき
もはや、美智子さまも雅子(サマ)には何も言えない状態まで行ったようです。
かかあ天下なところまで似ています(´Д`)ハァ…

スポンサーリンク

【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。