皇太子ご夫妻が宮城入り 慰霊碑に供花、農家の復興状況ご視察へ

身位の順から皇太子と雅子(サマ)を先に書くことにしました。

東日本大震災の復興状況視察の為、宮城県を
訪問した皇太子と雅子(サマ)、日帰り訪問でした。

雅子(サマ)のパンツスーツは初見のようですが??
今までのベージュ色より見た目は良いので
オーダーしたのかもしれません。
新幹線移動では、スカートよりは動きやすいでしょうし
震災地への訪問ですから、このスタイルで良いと思いました。
余計なスカーフ無し、ハンドバックなのもスッキリ見えて良い。

慰霊碑に供花した時の動画を見てもはっきりわかりませんでしたが
スカートに履き替えたのか、そのままパンツで献花したのかな?

宮城県行きの感想は「まあ~いいんじゃないの」程度です。

しかし、皇太子と2人並んでいるところを見ると
割れ鍋に綴じ蓋の諺が頭をよぎりました。
2人、仮面夫婦なのか、年月を得て似たもの夫婦になったのか
そこそこ仲の良いお似合いの夫婦に見えるじゃないですか(笑)
皇太子の忍耐の日々の成果でしょうかね。(゚_。)?
この2人が、一宮家なら、なーーんにも気にしなかったでしょうが
次代の天皇、皇后になる2人では、一体皇室はどーなるんだろ?と
思ってしまいますが、なるようにならせるんでしょうか((+_+))

お土産はいちご団地のいちごかしら。

皇太子ご夫妻は1日、東日本大震災の復興状況視察のため
東京駅から新幹線で仙台駅に到着された。
ご夫妻の宮城県訪問は2013年8月以来で震災後3度目。
今回は津波で甚大な被害を受けた名取市閖上地区を訪れ、復興公営住宅
「閖上中央第一団地」で被災者と懇談後、慰霊碑に供花する。

津波被害を受けた特産品イチゴの生産復活のため、亘理町に整備された
「浜吉田いちご団地」も訪れ、同日夜に帰京する。
ご夫妻は15年10月に福島県、16年6月に岩手県の復興状況を視察。
約1年半ぶりの被災地訪問となる。jiji.com

スポンサーリンク

秋篠宮ご夫妻、両陛下ブラジル訪問記念展を視察

今のところ、この記事は朝日新聞だけです。
鑑賞、見学ではなく「視察」だそうです。

紀子さまはいつものデザインの定番スーツです。
眞子さま婚約発表の日に、小室佳代さんが着用していたスーツと
似ている、インがワンピースなのか、襟元を付けたのか
とにかくこのスタイルが多くて正直マンネリ。
アクセサリーも毎度お馴染みのパール、面白味がないです。
バック、手袋、パンプスも同系色で完璧で、完璧すぎて
つまらない、こんな感じなのかな?

紀子さま綺麗でスタイルも良いのだから、視察、鑑賞のときぐらいは
もっとデザイン性のある服をお召しいただきたい。

下に載せた画像は天皇皇后両陛下が皇太子時代にブラジル初訪問した時の画像で
実際に展示されたものかどうかはわかりません。

秋篠宮ご夫妻は1日、東京都港区の在日ブラジル大使館で開催中の
「天皇皇后両陛下ブラジル初訪問から50周年 永遠の絆を築いて」展を
視察した。1967年に皇太子時代の両陛下がブラジルを初訪問した時の
写真など約200点が展示されている。
秋篠宮ご夫妻がブラジルを訪問した時の新聞記事も展示されており
ご夫妻はうれしそうに見ていたという。朝日新聞 緒方雄大

画像出典1967年ブラジル訪問Facebookのブラジル大使館より

スポンサーリンク

【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事、メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを省略することもあります。
ご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。