前日、羽田空港から発つ時は大勢の人達からカメラのフラッシュを
浴びたが、英国では佳子さまをきにかける人はいない。

最初の数日はロンドンに滞在し、日本大使館など訪問
それからリーズに向かわれた。

ロンドンから電車で3時間ほどのリーズ大学に
佳子さまが姿を見せたのは18日。

雨が多く日中でも気温15度、まず佳子さまは
キャンパス内の冒険をした。

スポンサーリンク

広大な敷地内を行ったり来たり、行き止まりの道を
引き返したり、食堂やスーパー、バーやラウンジがある
「ユニオン」を暫く見て回ると、語学センターが入る
大学のシンボルともいえる
「パーキンソン・ビルディング」へ立ち寄った。
しばらくして日本人留学生たちとビルを出て夕方には
「ユニオン」のラウンジで開かれた親睦会に参加。
他の留学生たちと楽しい時間を過ごされた。

ある日、「ウィルコ」という生活用品店で
食器、フライパン、などキッチン用品を見たあと
クッションカバーや寝具グッズを手に取り品定め。

25日から本格的な授業が始まる前にガイダンスを受け
身の周りの品をそろえるなど準備を進めていた佳子さま。

ふらりとコンビニでお菓子を買う事もあれば
食堂でひとり夕食をとられることもあるが
日本ではいつもそばに控えていた皇宮護衛官やお付きの人はいない。
週刊女性より簡単に抜粋

佳子さまの留学生活の始まり、1人でも大丈夫。
日本と違い佳子さまを特別な目で見る人もいない
なかなか自由に留学生活ができそうです。
充実した生活をして欲しい、と思うとともに
悪い虫がつきませんように・・・・
「入れ歯外しても羽目は外すな」とは誰が言ってたのか
忘れましたが、勿論!佳子さまに入れ歯があるわけはないけど
とにかく、羽目を外さないようにお願いします。

スポンサーリンク

【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事、メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを省略することもあります。ご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。