6月15日~皇太子がデンマークを訪問します。

去年も紹介しましたが、今回もデンマーク王室のイケメン王子の紹介。

欧州王室にはイケメン王子が沢山いたのですが
イギリス、モナコ、スウェーデン、ルンセンブルク公国など
ほぼ全員結婚したことと、白人は老けるのが早いのか
一番美形な時期が15才頃~の大人に近づいた美少年から
青年になった22、23才くらいまででしょうか。

今、イケメン少年でこれから数年間は目の保養になるのが
次男ヨキアムの前妻、アレクサンドラ元妃との間に儲けた
ニコライ王子17才とフェリックス王子14才(来月15才になります)
この2人は、母親アレクサンドラ元妃の両親が
父はイギリス人と中国人のハーフ、母はポーランド人とチェコ人の
アジア人の血が入ったクォーターで、特に長男ニコライ王子は
少しアジアンが入っている神秘的な美少年です。

来月15才になる次男フェリックス王子はほぼ西洋人の顔で
小さい時は普通に可愛い男の子でしたが、成長した画像を見る度に
イケメンになっているので、楽しみな王子です。

6月10日、デンマーク王室のマルグレテ女王とヘンリク王配殿下が
結婚50周年を銀婚式を迎えました。


ヘンリク王配殿下はフランス人で難解なデンマーク語を
まだペラペラ話せないとか(笑)
このご夫妻はいつ見てもステキ、良い年の取り方をしていますよね。

スポンサーリンク

庭で全員集合の写真。一番新しい画像です。

来日したこともある、長男のフレデリク王太子と次男のヨキアム王子は
似ていない兄弟で、不思議ですね~奥様の遺伝子のせいなのか?
クリスチャン王子12才は誰に似たのかイケてません。

ヨキアム王子と再婚したフランス人のマリー妃との間に儲けた子供達も
ニコライ王子、フェリックス王子の2人とは違った顔立ち。
子供なので将来はどうなるかわかりませんが・・・・

それにしても、マルグレテ女王、男子2人儲けただけなのに
お孫さんが8人、うち5人が男の子。

日本の皇室も天皇皇后両陛下には2人の男子と女子1人と3人の
お子さまを儲けたのに孫が4人、男の子1人とは寂しい。

2017年4月1日 フェリックス王子の堅信式。
産まれた時に洗礼式、信仰とはなど分かる年齢になってから
キリスト教徒になる「堅信式」を行います。

再婚したマリー妃は心の大きな人で素晴らしいと思います。
いつも王室の行事や私的なお出掛けでも前妻の2人の王子と一緒で
まるで4人の子持ちお母さんのように振舞っています。

そのせいか、2人の王子も弟、妹を可愛がっていて
親子関係上手くいっているようです。
私的には、アレクサンドラ元妃と離婚しないで欲しかったけど。

アレクサンドラ元妃、2度目の離婚してから
化粧のせいかな?印象が変わりました。

ニコライ王子 白人とアジアが美味い具合にミックスされた美少年です。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク