眞子さま ブータン訪問前に賢所を参拝

こんなに皇族オーラに満ち溢れているのに・・・

週刊現代の
秋篠宮夫妻が気をもむ眞子さま「婚約者」の
いろんな事情読みました。

中央に太文字でこんなサブタイトルが。

皇太子妃と違って、内親王のお婿様候補が
徹底的に「事前調査」されることはない。
秋篠宮夫妻が報道で初めて知って
驚く事実もあるだろう。眞子さまと圭さんには
愛の力で乗り越えてほしい。

ええええっ!? 徹底的に事前調査無し?

いくらなんでも甘すぎじゃないだろうか。

今、ボロボロと出ている写真や家族の事を
秋篠宮ご夫妻が知らなかったとすると
今頃、非常に苦しみ悩んでいることとお察ししますが
徹底的では無いにしても、両親、祖父母、仕事先くらいは
調べると思うのです。それでもこの結婚にOKを出したのなら
仕方ない、庶民の私がここで反対、反対と書いても(+_+)

目新しい記事は、とっても嫌なのですが
下の画像、抜粋したものを読んでください。

前回、【補足】として書いた記事は
私の推測で大学4年で卒業後に横浜市役所に就職から
計算して35才くらいだろうと思ったのですが
実際は38才でやはりまだまだ若い年齢です。

スポンサーリンク

下世話な話ですが、若いだけに退職金は少なかった
500万円くらいでしょうか、60才定年よりかなり少ないです。
また給料も役職が着くと上がりますが、38才では
平より2段階上くらいでしょうか。
(家の旦那が元公務員だったので少しわかります^^;)

一人息子とはいえ小室圭さんへの教育費がかなり多く
マンションのローンもあるなら父親の給料だけでは追いつかないです。

また祖父の本家が大地主でも分家はそれほどお金持ちじゃないです。
なんといっても本家が一番なのです。

敏勝さんが祖父より早く亡くなったので
祖父の財産分与で、小室圭さんにも渡ったはず。

父親の死因が死因だけに、かなり揉めた
母親の佳代さんが非難されたと推測します。

よくある家庭ではなく、2世代で自死はそんなに多くない、自然死と違い
皇室にこういう霊的なものを持ち込むのは危ないのですが

今は「血統純粋日本人」ならいいやと思っています。
仕方ないです眞子さまが選んだ方で
秋篠宮ご夫妻も認めたのならどーにもならん。

週刊現代が書いた不安要素

学生の就職希望先人気ランキングでトップ3に入る
三菱東京UFJ銀行、2014年入行で同期500人くらい。
その中で丸の内支店はエリート、ただ海外で働きたい
という志があっても、新人は少なくとも支店で3年間は
下働きしなければならない、銀行は1年くらいで辞める。

銀行員としての日本語が上手くできなくて
虐められて辞めた、のようなコメントがありましたが
英語ペラペラでも日本語をキチンと話せないのでは・・・
銀行員って簡単にいえば接客業で会話、コミニケーション能力が
必要な職場ですから、着いて行けなかったのかもしれません(推測)

他に小室圭さんの今までの環境が変わること、スキャンダルを危惧しています。

一方皇室関係者の一部には、小室さんに厳しい目を向ける人もいるという。
(雅子(サマ)を引き合いにだしている ^^;)

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。

スポンサーリンク