【追記】若い時に恋愛し双方の両親や兄弟に反対されても結婚したことのある
燃えるような恋愛結婚をした人なら理解できることがある。

相手しか見えない、自分達2人の世界に入ってしまい
どんなに周りが反対しようが、いや反対されればされるほど
相手を酷く言われれば庇い、手の施しようがありません。

眞子さまと婚約したと言われる小室圭さん、母親、
そして眞子さま自身に対する中傷、批判はどこからくるのか。

皇族と結婚するには相手が相応しくない、釣り合いがとれない
経歴に嘘があるとか、とにかくいろんな情報が錯綜していて
私自身はもうわけわかりません。それらを読む気力すら無くなりました。

そして、多分、小室圭さんに対して不満を持っている方々にとって
私は「お花畑」の部類に入るでしょう。
それでも小室圭さんを中傷、批判はしたくないです。

前回は愛子さまの影子説を否定
今回は小室圭さんとその家族の批判、中傷はしたくない
寧ろ、中傷が酷い、度が過ぎるのでは?と思っています。

後から
「ほらみたことか・・・影子は事実でした」
「小室圭さんはやっぱり怪しい出自だったでしょ」
と嘲笑されても仕方ない、それが私だから。

この投稿記事へのコメント返しは気分が乗らず
申し訳ございませんができません、読ませて貰っていますので
自由にコメントしてください。承認無しでそのまま反映するように
設定しましたので、よろしくお願いします

————追記終わり——-

「眞子さまご婚約へ」で人手不足の皇族。ニートな不細工4人の王女、
もっと公務しろ~~!な事を書いた翌日高円宮の三女、絢子さま
城西国際大学福祉総合学部研究員に就任

以下
高円宮家の三女絢子さまが6月1日に城西国際大学福祉総合学部研究員に
就任することも発表された。
絢子さまは同大と同大学院で子どもや高齢者の福祉を学んだ。
任期は2020年3月末までで、学長が必要と認めれば延長できる。
千葉県の大学宿舎で生活し、公共交通機関で通勤するという。
原則として週に4日勤務する。朝日新聞より
————
おや、1才年下の眞子さまがご婚約でで無職ニート皇族の絢子さまも
世間の目も厳しくなったか出身大学で週に4日働くんだそうです。
大学宿舎で生活し公共交通機関で通勤だそうで。
26才になっていよいよ働く気になったんだ。

人手不足の公務はやらないんですね。
この人も雅子(サマ)と同じ、1人で公務が出来ない人なのかも。
いつも、母親の久子さまにくっ付いての公務、鑑賞でした。

もしかしたら、婚活もなかなか上手くいかないのかもね。
次女の典子さんが、別居状態では
皇室からお嫁さんを貰うメリットより
デメリットの方が多くて、二の足踏む方々が多いのでしょう。

かといって自分で見つけられるかどうか?
難しいだろうな~と思いつつ、早く降嫁して!!

スポンサーリンク

眞子さまのご婚約相手、小室圭さんに対する
ネット民の反応、詳細にサーフィンできないので
チラチラと見ただけですが、ちょっと酷いなぁ~と思います。
まだ、正式な婚約発表をしていない
公人でもタレントでも国家議員でもなんでもない
ただ、「眞子さま ご婚約へ」とNHKにリークされて
突然のように現れた私人に対してここまで書くか!?

チャラ男 胡散臭い 熟慮が足りないというか軽い
年収は200万円台  母子家庭のチビのチャラ男 整形
持参金詐欺、婚約解消 破断へ もうありとあらゆる中傷。

小室圭さんに対しては、父親の職業、お爺さんの職業、経歴など
不明な点も多く、これから正式な、正確な発表を待つしかない
と思っているので・・・・特に、本当にこの方、私人ですし
あまりの叩かれように反対に気の毒になりました。

小室圭さんが 「眞子さまとご婚約へ」の状態で
なにか私たちに迷惑を掛けたとか、印象を悪くしたとか
被害があるのでしょうか。

おそらく、眞子さまがネット記事を目にしたら泣くでしょうね。
眞子さまがお気の毒だと思うのは私だけでしょうか。

あ、多分、私だけかも?
愛子さまに影子はいないと思っているのも少ないですし。

流されないように惑わされないようにしないと。

どうあれこうあれ、眞子さまが大好きで愛した男性なのでしょうし
ご両親の秋篠宮ご夫妻も公認し、5年間お付き合いしている方です。
当然、身上調査もしたことでしょう。

今はチャランポランに見えるけど、年月を得て
しっかり地に足を付けた男性になるかもしれない
可能性は無限大です。
それに眞子さまは降嫁される身で皇室に入内ではありません。

きっと私達はまだ雅子(サマ)入内、両親、家柄などトラウマに陥っているのです。

欧州王室のスウェーデン王室では実際に婚約解消がありました。

スウェーデンの末娘マデレーン王女が、7年前
2010年4月、婚約していた弁護士のヨナス・ベリストロム当時31才と
婚約解消したことがあります。原因は婚約者の浮気でした。

姉のヴィクトリア王女の挙式の後に、マデレーン王女が挙式の予定で
当時は、ヴィクトリア王女がもっと早く結婚式を挙げれば
婚約者は浮気しなかっただろう・・・のような記事もありましたが
婚約解消後、傷心のマデレーン王女はニューヨークに渡ります。

そこで、今現在の夫であるクリストファー・オニールと知り合い
2013年6月8日に結婚、二児を設けました。

クリストファー・オニール氏も婚約した当初はかなり
胡散臭かったのです。仕事が実業家、銀行投資家と
今も何をやっているのか、ちょっとわかりませんが(^^;)
現在は家族でイギリスに住んでいるとのこと。

婚約解消した弁護士の方が見た目も良かったし
仕事も弁護士ですから一般受けは良かったのです。

でも、見た目や経歴だけで判断は駄目ですねぇ。
浮気しちゃうんだから。

クリストファー・オニール氏は仕事をしつつ
王室の重要な儀式にはきちんと出席し、子煩悩のようで
よく子供の面倒も見ているのが画像、映像で見られました。

去年のナショナルデー* スウェーデンの建国記念日

カール・フィリップ王子の息子、アレクサンダー王子の洗礼式にて

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク