女性週刊誌売り上げランクでは
1.女性自身 2.女性セブン 3.週間女性
総合では
1.週刊文春 2.家の光 3.週間現代 4.週間新潮
家の光は見たことがないですねぇ。
週刊現代も滅多に見ません。
http://factboxglobal.com/japan-magazine-2016より

私の知っている狭い範囲ですが、

美容院=週刊誌は女性自身だけ置いています。
心療内科=女性自身、オレンジページ、旅行系
内科=週間文春、週間ポスト、女性誌、入り混じってます。

父の付き添いで行った泌尿器科は男性患者が多いのか
週間文春と週間新潮で女性誌は無しでした。

ブログやサイトを見ている方々はスマホ、タブレット、パソコンと
ツールは違えどネットが出来る環境にある人達で2016年の
日本のネット人口、1億46万人、83%にもなったそうです。
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/kids/internet/statistics/internet_02.html

皇室関係のブログやサイトを訪問する人達は何%いるでしょうか。
興味の無い人は、フト医院や美容院で週刊誌の皇室記事、写真を
見る程度で終わりでしょう。

天皇陛下の生前退位報道があって、少しは皇室に興味を持ったとしても
持続はせず、その時、その時で終わりな人達が断トツに多いのだと思います。

その証拠に、生前退位に賛成90%
女性宮家創設に賛成が 60%~70%の数字ではないかと。

例えば、立ち読み、医院、美容院で女性自身を見たとする。

序に雅子(サマ)、色艶よく元気そうで体調の波に襲われる人のように見えません(笑)

カラー写真では、高校生になって大人っぽくなり
いかにも利口そうな愛子さまの写真を載せている。

お口ポカーンの写真は載せない、あくまでも見た目のよい
写真を載せることが多い。

この愛子さまの写真をみれば、「女性天皇」いいじゃない?
になる可能性が高くなる。

男子男系など気にしない、70%の人達を更に
お花畑に誘導しているのが、女性誌のアゲアゲ記事なのだ。

スポンサーリンク


また女性自身は、陛下と美智子さま「悲願の訪韓」断念の真相のタイトルで
いかに天皇と美智子様が韓国訪問を願っていたかを述べているのだ。

「慰霊の旅はまだ完結していない」のだそうです。

1989年の即位後、1992年の中国、94年の硫黄島、05年のサイパン
15年のパラオ、16年のフィリピンと激選の地を巡り、先の戦争への
反省と追悼のお気持ちを示されてきました。
が、陛下と皇后さまにとって韓国ご訪問は、まさに最後に
“やり残したこと゛なのです。
(両陛下の側近とも親しいジャーナリスト)
やれやれ、北朝鮮の暴れん坊将軍がミサイル発射実験を繰り返し
朝鮮半島、日本もどーなることかと、内心心配しているというのに
呑気な事じゃありませんか。
大統領も反日色の濃い 文在寅(ムンジェイン)になったというのに。
日本国内でも慰安婦問題、嫌韓が進んでいる今、天皇、皇后が
謝罪旅行に行く必要性は全く無いのに、敢えてこういう記事を書く。

下の画像これは、安倍政権に対する嫌がらせのひとつですね。
発売中の週刊誌なので全文載せられませんので一部抜粋しました。
天皇皇后両陛下退位後の職員80人は産経新聞のみが書いていましたが
これがネガティブキャンペーンだと書いている、まったく・・・
私も宮内庁に電話で抗議しましたが、想像以上に抗議が多かったと思われます。

愛子さまの映りの良い写真を載せて「女性宮家創設」から「女性天皇」へと
流れを作り、国民をますますお花畑に誘導し、悲願の韓国訪問を断念したのは
きな臭い朝鮮状態に加えて、倍政権のせいだと暗に批判しています。

安倍政権、完璧じゃない、頭にくることもありますが
民進党よりは数段マシ、皇室に至っては男子男系支持の
安倍総理でなければ駄目なのです。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク