2017年2月23日 皇太子殿下57才の誕生日

2016年2月23日 皇太子殿下56才の誕生日

まず、画像、映像を見た時、愛子さまが
正月映像の時よりまた痩せたように見えました。
いえ、確実に痩せたと思われます。去年の画像と比較してください。
愛子さまについての皇太子のことは以下に書きますが
全文をブログに転載するとかなり長文になるので
中略、私( ゚Д゚)が気になったところだけ掻い摘んで載せます。

皇太子さまの誕生日会見の全文は以下をクリックすると見られます。
毎日新聞より
http://mainichi.jp/articles/20170223/ddm/010/040/021000c

スポンサーリンク

(質問)
天皇陛下は昨年8月に公表された象徴の務めに対するおことばで、
即位後に象徴天皇としてご自身が歩まれてきた道や、高齢となった
天皇の在り方についてお考えを表明されました。表明に至るまで、
殿下は天皇陛下のお考えをいつ、どのような形でお聞きになり
表明されたおことばをどのように受け止められましたか。
今後、天皇、皇后両陛下にどのようにお過ごしになっていただきたいかという
点もお聞かせください。

(皇太子さま)

昨年8月8日の天皇陛下のおことばを、私は、愛知県での公務を
終えた後の名古屋駅で厳粛な思いで伺いました。

中略

今回、陛下がおことばの中で「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、
難しくなるのではないか」とご案じになられていることに、
とても心を揺さぶられましたが、同時に陛下のお気持ちがそこに至った
背景につきましては十分お察し申し上げていると思います。
私といたしましては、陛下のお考えを真摯に重く受け止めますとともに
今後私自身が活動していくのに当たって
常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたいと思います。

( ゚Д゚)

・名古屋駅で厳粛な思いで伺い
・天皇陛下のビデオメッセージに心を揺さぶられ
・陛下のお考えを真摯に重く受め、
・常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい

口だけならなんとでも言えると書いたら失礼かと思いますが
今まで、皇太子と雅子さまが今上陛下のように若い時から
積極的に代行していたなら、天皇陛下も
象徴の務めを果たしていくことが、難しいと言ったかどうか
わかりませんが、今まで通り呑気に公務は出来なくなるでしょう。

現に札幌で行われた冬季アジア大会で天皇陛下の代行
皇太子は務められましたが、雅子さまは依然として
あれこれ理由付けして欠席で、少しづつ非難の輪が
広がってきていると思っています。

(質問)

政府が設置した有識者会議で象徴天皇の在り方について
議論が重ねられており、国民の関心も高まっています。
次期皇位継承者である殿下ご自身は象徴天皇とはどのような存在で、
その活動はどうあるべきだとお考えでしょうか。
殿下が即位されれば皇后となられる雅子さまの将来の務めについて、お二人でどのようなお話をされておられますか。

(皇太子さま)大幅に省略しました。

私も、阪神淡路大震災や東日本大震災が発生した折には、
雅子と共に数度にわたり被災地を訪れ、被災された方々から直接
大切な人を失った悲しみや生活面でのご苦労などについて伺いました。

とても心の痛むことでしたが、少しでも被災された方々の痛みに
思いを寄せることができたのであればと願っています。

また、ふだんの公務などでも国民の皆さんとお話をする機会が
折々にありますがそうした機会を通じ
直接国民と接することの大切さを実感しております

( ゚Д゚)

物言えば唇寒し冬(秋)の風

特に笑っちゃうのは
国民の皆さんとお話をする機会が折々にありますがそうした機会を通じ
直接国民と接することの大切さを実感しております。

被災地に行っても、人選しネームプレートを付けた
極々一部の国民としか話をしていないのでは??
10人でも国民と話をしたと言われれば、それはそうだけど^^;

今までの14年間は皇太子が国民と親しく話をして国民と共に・・・
のイメージは無く、ひたすら 雅子が・・・愛子が・・・の
記者会見発言が多かったこと、公務も少なくなりスカスカで
国民を思っている、国民と接する大切さなど本当に実感しているのか
甚だ怪しい~~のでした。

私がここ10年ほど関わっている「水」問題については

( ゚Д゚)
皇太子の「水」にも飽き飽きだけど、それより御自身の
「水の問題」に取り組んだ方がよいのでは~
去年に比べて「尿漏れ疑惑」が少なくなったようで
それなりの対策はしているのでしょうけど。

家族の体調改善

(質問)
ご家族について伺います。雅子さまは式典への出席が増えるなど
着実に活動の幅を広げられました。殿下が感じられた雅子さまの
変化や現在のご体調についてお聞かせください。
愛子さまはこの1年、両殿下とのお出ましが増える一方
体調を崩され学校を長期欠席されることもありました。
春には高校進学を控える愛子さまのご様子、進学や皇族としての
活動など今後に寄せられる思いについてもお聞かせください。

(皇太子さま)
雅子は、治療を続ける中で、体調に気を付けながら、努力と工夫を重ね
公私にわたってできる限りの務めを果たそうとしております。
その結果、昨年は、式典への出席回数も増え、また、4月の神武天皇二千六百年式年祭の儀や
6月の岩手県での復興状況視察、8月の「山の日」記念全国大会など、
公的な活動を、少しずつではありますが、一つ一つ着実に積み重ねてきており、
それがまた本人の自信にもつながり、活動の幅が広がってきていることを
私としてもうれしく思っております。また、東宮御所内での仕事などでも
私をよく支えてくれておりますし、愛子が体調を崩した折をはじめ、
母親として愛子の成長を見守り、導いてくれていることに、心から感謝しております。

このように、雅子は着実に快復してきておりますが、一方で、
依然として体調には波もありますので、引き続き焦ることなく、
慎重に少しずつ活動の幅を広げていってほしいと思います。
国民の皆様には、これまで雅子に温かく心を寄せていただいておりますことに、
改めて心より感謝の気持ちを表すとともに、引き続き雅子の快復を温かく
見守っていただければありがたく思います。

( ゚Д゚)
・着実に快復してきておりますが
・依然として体調には波もありますので

!(^^)!
期待通りの「体調の波」が出てなんだか嬉しいです。
「体調の波」が出てこない皇太子の誕生日会見は誕生日会見ではないっ!
と言って過言でないほどに定番中の定番、外せない言葉です。

・一つ一つ着実に積み重ねてきており
・それがまた本人の自信にもつながり

この本人の自信につながりも、定番化していて毎年聞かされているので
さそかし雅子さまの自信も大きくなったことでしょうが
その割には、まだ一人で公務はできないという、なんとも・・

・引き続き焦ることなく
・慎重に少しずつ活動の幅を広げ
・引き続き雅子の快復を温かく見守っていただければありがたく思います

本当になんでこんなに体調に慎重になるんだか。
無理をしてでも、ってことがないのだろうか。

雅子様が無理をしてお倒れになった
公務先で体調を壊し、次の行事は休ませて頂きます

こういうことがあれば、私も「雅子様無理をしないで療養してください」
の気持ちになるのですが、雅子さまってその前の前を行くので
絶対に無理を押して、公務ってないんですよね。
入院したとか、風邪を引いたとか、眩暈がしたとか無いのは
過労になるほど動いていない証拠で本当に元気で羨ましいくらいです。

愛子については、先生方や多くの友達に囲まれ、中学校生活の最後をとても有意義に
そして楽しく過ごしているようです。一時期体調を崩したこともあり
皆様にご心配をお掛けいたしましたが、雅子の支えもあり、今はふだんどおり
学校生活に戻っております。また、昨年は、夏休みの機会に、神武天皇山陵の参拝や、
「水を考えるつどい」、「山の日」記念全国大会など、さまざまな行事や場所に3人で
出掛けることができました。こうした機会を通じて、皇族としての務めについての理解を深め
また、自覚と役割を学びつつあるように思います。
4月からは高校生になり、新たな環境に身を置くことになりますが、今後とも、
機会を捉えていろいろな経験を積んで、人として、また、皇族の一員として
健やかに成長していくことを願っております。

去年と比べると愛子さまの痩せ方が尋常ではない

 

■ご一家でスキー

皇太子さまはご家族への思いも語った。療養が続く雅子さまについて
公的な活動をこなすことが自信につながり、活動の幅が広がっていると紹介。
愛子さまは一時期体調を崩していたが、今は普段通り学習院女子中等科に通い、
皇族の務めに理解を深めていると述べた。近影で愛子さまはほっそりとした印象だが、
3月にご一家でスキー旅行を予定するなど特に問題はないという。
朝日新聞(島康彦、多田晃子)

特に問題なく3月にスキー旅行に行く予定だそうです!

札幌の公務は「寒いので」を理由のひとつに欠席した雅子さまですが
内心は毎年恒例のスキーに行くだろうと思いつつも
本当にこのように活字で見てしまうと
何が何でもスキー旅行には行くっ!!この狂気のような気合いを感じて
スキー旅行も雅子さまが行きたいので強行するのだろうと
思わざるを得ません。やりたい放題は続きます。

いやはや~~図太いというか、どういう神経をしているのか
アホなのか、訳分から無くなりつつあります。

東宮家で一番心配なのが、激やせで拒食症ではないか?
と思える状態の愛子さまですが、皇太子から見ると
あまり危機感は無さそうです。

が、前途の

愛子が体調を崩した折をはじめ
母親として愛子の成長を見守り
導いてくれていることに
心から感謝しております

雅子の支えもあり、今はふだんどおり学校生活に戻っております。

これらは雅子さまの作文、言わせられていることも
大いに感じます。雅子さま、母親として素晴らしい!な文章で

にしては、一向に回復しない愛子さま。
大丈夫なのでしょうかね。

長くなったので、後程再度加筆か別に投稿します。

疲れた ((((;゚д゚))))アワワワワ

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク