昨日の以下

小田野展丈東宮大夫は10日の定例会見で、
寒い時期であり2泊3日の日程の負担などを踏まえ、
訪問を見送ったと説明。医師団の判断だという。

この事に怒り、呆れていましたが一日経って
頭を冷やすと
「寒くて行きたくないなら行かなくてもよいじゃないか」

3月春休みの静養と称したスキー旅行には
「行きたいなら行ったらいいじゃないか」と思うようになりました。

公務は寒いからできないけど遊びは寒くても平気
スキー、ガンガン滑ってま~す(^_-)-☆

2月10日皇太子殿下 第5回「日本医師会 赤ひげ大賞」の表彰式と
レセプションに出席、雅子様は欠席。

スポンサーリンク

海外(欧州)が絡んでいない式典だから出て来なかったか?
前日2月9日の日本とデンマークの外交関係樹立150周年を
記念した美術展の開会式には出席(ドタ出)

ベルギーにも行きたいなら行ったらいいと思います。

その前に春の園遊会がありますが
最初から最後まで中抜けせずに出られるんですよね。

今年の春の園遊会はまた、美智子さまの慈愛発動で
洋装になるのか、どうか知りませんが

次第に知らなかった人達や関心のなかった人達も
生前譲位まで約2年間の間に
雅子さま中心で動く皇室
だと分かってくるんじゃないでしょうか。

国内の公務は目と鼻の先の勤労奉仕団への挨拶も
やらない、だけど遠くの海外へは行く気で行ける。

海外は見えるけど日本は見えない。
雅子さまの公務に対する矛盾。

天皇陛下の生前譲位発言の時
皇族には人権が無いからと同情する人達がいましたが

人権を補って余りあるほどの特権をお持ちです。

海外に慰霊の旅に行きたいと強く要望すれば
それがひとつひとつ適っている、特権使い放題です。

天皇皇后両陛下、皇太子と雅子さまには同情する必要無し!

降嫁された内親王、女王以外で誰か自ら

人権が無いから、言論の自由が無いから
移住の自由が無いから・・・と言って
皇族を辞めた方がいるでしょうか。

特に皇后様など言論の自由が無いと言っても
週刊誌に都合の悪い事を書かれると
宮内庁を通じて抗議しているじゃないですか。

三笠宮大殿下でさえ皇室の悪口を言いながらも
100才まで皇族を辞めることなく人生を謳歌し大往生されました。

庶民と違い、産まれながらの男性皇族方は
産まれた時から死ぬまで、我々国民の税金で生活し生きている。

保育園受かる、落ちたの心配も無し
年金で生活できるか、老後の心配も無し
介護の心配も無し、衣食住の心配もない。

女性皇族なら、三度三度の料理の心配も無し
子供を産めば、お世話係もついて
産む気と体力があれば何人でも産めます。

東宮家、三笠宮家、高円宮家の女性皇族は
月に何回かの公務、テープカットや式典などに出るだけで良いし
大学も頭が良いのか悪いのかわからないけど
国民の税金で海外留学をして、海外で遊び放題の女王もいました。

三笠宮家、高円宮家の4人の女王達には
さっさと降嫁してほしいのですが
皇室が居心地いいのか、相手がいないのか
我々庶民と違って顔も広いし口利きで
紹介する方も多いはずなのに
何故か、30才過ぎても降嫁する方がいないですね。

多分、昔と違い、今は皇室もかなり緩くなっているので
3日皇族をやったら辞められないのでしょう。

特権は一度手に入れるとなかなか手放せないものです。

そりゃあ不自由な所もあるにはあるでしょうが
気持ち良いでしょうねぇ~~(笑)

そういうことで、雅子さまにはやりたい放題
わがままし放題にして、国民から見離され
誰からも愛されない、皇室史上最低の皇后の
名称が与えられることを期待しています。

最終願望
国民の総意で皇后から引きずり降ろして欲しい。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク