伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」さんより 以下転載
一週間ほど前から、ちらほら「噂」を耳にしていましたが、
まさか事実だったとは思いませんでした。
「ある相当な筋」から得た情報ですから、
「裏取り」する必要のない「現在進行形の事実」です。

某国家の主要地位にいた方です。
★以下、「リーク」を許可された部分のみ公開します。
≪皇太子妃雅子の父、小和田恒は今、現在、
スイスのバーゼルのホテルに「軟禁」されている≫

嫌疑は、スイスの銀行に有る「天皇家のお金」に手を付けたからだそうです。

驚くなかれ、日清戦争の、清国の賠償金以来蓄積されたもので、
天皇家名義のお金は8兆円も蓄積があるそうです。

★「政府」(総務省らしい)が救出に向かったが埒が明かないそうです。
以下省略 全文見たい方は下のリンクをクリック

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/89609088d012f4e726652bfba66b68af

他にも小和田パパがスイスに軟禁、拘束されていると
2、3か所のブログで拝見したので、それも伏見さんのブログのように
かなり信憑性のある書き方だったので、愛子さまの影子説より
かなり本気にしていましたが、昨日の夜に

ふぶきの部屋さんより(勝手にリンクさせていただきました)
http://blog.goo.ne.jp/yonyon4009

2月3日の小和田恒氏のタイトルでこちらの画像付き

国際司法裁判所でのお仕事らしい。
何だか元気そう(がっくり)

以上の投稿に、私もガックリとビックリでした。

天皇家のお金に手をつけそうになって、それがバレで
只今、スイスのホテルで軟禁、拘束中の人が
国際司法裁判所で仕事ができるものなのですか???

バカボンなわたしに、詳しい方教えてください。

そこで、この画像が2017年2月3日のものなのか
Googleで英語で探してみました。

有りました!!!

スポンサーリンク

一番上とその下の2枚の画像に小和田恒氏が写っていました。
元画像サイズが大きいんです。
4000×2256です。縮小しないでそのままのサイズで見ると
写っているんですねぇ~ビックリでした!!
日付は 2017年2月2日の法廷のメンバーになっています。

小和田恒氏を切り出ししてみました。

 

疑心暗鬼の方はこのブログに大きい画像を載せると重い
勝手に縮小されるので↓のリンクで見に行ってください。

http://www.icj-cij.org/presscom/gallery.php?p1=6&event=20170202_sk

Multimedia Gallery 02/02/2017 Maritime Delimitation in the Indian Ocean
(Somalia v. Kenya) – Reading of Judgment – Preliminary

The Members of the Court on 2 February 2017 (delivery of the Court’s Judgment).
Copyright: UN Photo/ICJ-CIJ/Frank van Beek. Courtesy of the ICJ. All rights reserved.

国際司法裁判所の本部が置かれているヨーロッパ。

ジュネーブ、ブリュッセル、ローマ、ハーグの4か所。

ジュネーブはスイスですから、この画像がスイスの
国際司法裁判所なのかまたまた探したら、スイスでした。

ご指摘によりオランダハーグでの画像でした。

スイスのホテルに軟禁ネタはガセネタですか??

ホテルに軟禁でスイス国内では移動できる。
軟禁の人がオランダの国際司法裁判所で仕事できるんですかね。

2017年2月2日の法廷のメンバーになって画像もある。
これは事実でした。時差の関係で2月3日になったのでしょう。

天皇家のお金に手を付けてスイスのホテルで軟禁されている。
果たしてこれは事実なのでしょうか??

軟禁とは

比較的ゆるやかな監禁。家または室内にとどめておき
外部との交渉・接触を自由にさせないこと。

拘束とは
1 思想・行動などの自由を制限すること。「時間に拘束される」
2 犯人や被告などの行動・自由を制限すること。「身柄を拘束する」

出典:デジタル大辞泉

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク