天皇陛下お誕生日おめでとうございます


天皇陛下ご自身の誕生日ですが、のんびりしていられず
分刻みのかなりのハードスケジュールな一日です

83歳の誕生日を祝う「宴会の儀」

本日のスケジュール。果たして、次代皇太子と雅子様が天皇皇后になったらこれらのスケジュールをこなしていけるのでしょうか? あっ  自分流に変えちゃいますかね(^^;)

スポンサーリンク

宮内記者会代表質問全文

http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/7

全文を載せても皆さま読んでくださるでしょうか^^;
と思い宮内庁のリンクを貼りました。

象徴天皇を模索してきた天皇陛下は、自らの考えや思いを伝える場として、年に1度の誕生日にあたっての記者会見を重視してきた。だが、健康面への配慮や高齢化に伴って記者が質問できる数は減っていき、かつて17問あった質問は昨年から1問のみに。陛下は立場上の制約や発言機会が限られる中、慎重に言葉を選び、メッセージを発している。デジタル朝日

上記のように質問事体が1問のみであることもあり
皇后様の誕生日と違い、天皇陛下の全文は
さらりと簡単に書かれているな!との感想。

あまりグダグダ書いていない。

特に、皇后様いわく「身内」の事に関しては見事にゼロ、無しです。

一年を振り返ってのことに言及したとも言えます。去年は「先の大戦」が何度も出てきましたが、今年は一回のみ。かなり少なくなりました。
御自身の生前譲位については以下の文のみ。
立場としてはビデオメッセージで長々と言い尽くし
後はお任せするしかないでしょう。

そもそも、電波乗っ取り譲位したい旨伝えただけでも
前例のないことでしたから。

8月には、天皇としての自らの歩みを振り返り、この先の在り方、
務めについて、ここ数年考えてきたことを内閣とも相談しながら
表明しました。多くの人々が耳を傾け、各々(おのおの)の立場で
親身に考えてくれていることに、深く感謝しています。

意外だったのは、天皇陛下独断でやったと思われた
あのビデオメッセージが「内閣とも相談しながら表明しました」のくだりでした。
あれ?内閣はビデオメッセージの内容も知っていたんだ。

にしても、かなりトーンダウンした天皇陛下の全文を読み
もう憲法改正までして恒久的な制度にすることは諦めたのかも。

何度も書きますが、女性天皇認めず、男子男系、保守色の強い
安倍政権が続く限りは無理だと思うし、民進党が政権を
取るなんてことは無いに等しい(笑)
仮に二階幹事長のような人が多少いても、ここ2、3年で
憲法改正など無理だろうと、私でさえわかります。

世の中、皇室問題よりもやらなければならないことが
てんこ盛りじゃないですか。

そこで以下のようになると。そういうことで決まりでしょう。

天皇陛下の譲位への対応を検討する安倍晋三首相の私的諮問機関
「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は、
議論の結果を踏まえた論点整理を来年1月に公表し、
2~3月をめどに政府への提言を行う。
一代に限り譲位を認める特別措置法を推す方向で意見集約が進んでおり、政府は来年の通常国会で関連法案の提出、成立を目指す。

追加画像、記事がありましたら後程加筆します。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てくださいね。

スポンサーリンク