皇太子ご夫妻は19日、日本の国連加盟60周年を記念する式典に出席され、
皇太子さまが国際社会の連携を願うお言葉を述べられました。
日本は60年前の昭和31年12月、国連の80番目の加盟国として国際社会に復帰しました。
東京・渋谷の国連大学で開かれた式典には、皇太子ご夫妻をはじめ、
安倍総理大臣や国連の関係者などおよそ300人が出席しました。以下省略

WiLL10月号に 河添恵子氏が

内外に蠢く(うごめく)皇室を潰したい勢力

の中に書いていましたが

雅子様が適応障害を患っていることが公表され
公務休止、ランチ外出などの動向が報じられていた
11年ほど前、創価学会の幹部A氏が

「国連大学本部ビルの最上階に雅子様の執務室があり
裏側に専用エレベーターがあって誰にも会うことなく
部屋まで行かれる、雅子様は毎日のようにこちらに通われている」

そしてこの執務室を用意したのが、池田大作大先生だそうで・・・
大先生、雅子様の執務室はまだ国連大学本部ビル最上階にあるのでしょうか。

国連大学本部ビル最上階の執務室は雅子さまの病気を治す為の
リハビリ部屋だったのでしょうか。
10年以上経ってもなかなか良くならないようですが

とかく、小和田恒氏繋がりで雅子様は国連大好きみたいです。

スポンサーリンク

なんだか、毎回、毎回文句ばーっかり書いているように思われるでしょうけど
雅子様と皇太子の12月に入ってから今日20日までの間に公務はこの1回だけですね。

雅子様が前撮りした誕生日映像と文書は公務ではありませんし
天皇皇后両陛下に誕生日の挨拶に行ったのも公務ではありません。

皇太子のビオラ演奏も公務ではありません。

そして昨日の午後、何時に更新したのか分かりませんが
今週の予定を見ると、昨日の国連出席以後、また真っ白のスカスカ、公務無し。

特に無理矢理公務を入れる必要は無いとしても
天皇陛下がまだ風邪が良くならず、接見など公務を先送りしている状態で
よくこのような生活をしていられるものだと、悪い意味で感心しています。

皇太子殿下の頭の中には「公務代行」が無いのでしょうか。

周囲の人達から言われて、ようやく腰を上げるとか。
まったくこの方の頭の中身、気持ちが分からないです。

何となく想像がつくのは、皇太子が譲位したら
今上天皇と真逆の 動かない天皇皇后、自分の好き嫌いで公務する天皇皇后
海外、特に欧州にはどんどん出向きますの天皇皇后・・・

今上天皇が作った象徴天皇とはかなり違う、象徴天皇になるんでしょう。
ネットの普及で見えなかったものが見えてきて
週刊誌で書かれていることが真実じゃない、褒め殺しのようなものだと
分かる人には分かってきて、天皇もやりにくい時代になった。

皇后美智子様も雅子様入内した時はようやく皇太子も結婚した。
これからは子供を沢山儲けて皇室の発展と役目を果たしてくれる。
まさに、美智子様ご自身のように・・と期待したことでしょう。

よもや、雅子様が適応障害になり10年以上経っても
未だに不完全機能状態、オマケに皇太子まで
一緒に静養、公務スカスカ状態のような状態になるとは
想定外だったことでしょうし、皇太子と雅子様への不満が
ご自分達にまで及んで批判対象になるとは想像すらできなかったと思う。

天皇陛下でも思い通りにはいかない。
生前譲位が良い見本じゃないですか。

いよいよ恐怖の年金生活に入りました、節約、家族のこと、
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てくださいね。

スポンサーリンク